画像説明26

WWEと契約したKENTA。WWE日本代表、インターナショナル常務が祝福

ノア愛と長年の夢…正式契約までには葛藤が

「ノアの再建を目指してやってきて、途中で投げ出すような形で新しいことに挑戦することが、本当に正しいことなのか悩みました。しかし、いろいろ考えて、自分の中で出した答えは、人生は一度きりしかないということでした。今年33歳。環境を変えて新しいことに挑戦するのは今しかない!」と、KENTAがプロレスリング・ノアとの専属契約を終了したのは4月30日でした。5月16日の後楽園ホール大会でノア最終試合を行ってから2ヵ月…7月12日の大阪・舞洲アリーナにおけるWWE日本公演でハルク・ホーガンに呼び込まれる形でリングに上がったKENTAは、その場で公開契約。晴れて世界最大のプロレス企業WWEの一員になりました。

KENTAのWWE入りが取り沙汰されたのは1月末のことです。昨年はGHCヘビー級王者としてノアを牽引してきましたが、今年のオープニング大会の1月5日の後楽園ホールで森嶋猛に敗れて王座から転落。1月ツアー終了後に渡米してフロリダ州オーランドにあるWWEパフォーマンスセンターで4日間トレーニングしたことが明らかになったからです。本人は「元々WWEに対して憧れがあったし、いつかは世界最高峰のプロレス団体でどんなトレーニングをしているのか、その環境に身を置いて、いろいろなものを吸収したいと思っていた。今回は契約とかどうとかではなく、あくまでも練習に参加しただけ」と憧れがあったことを認めつつも、その時点ではWWE行きを否定しました。

実はKENTAはプロレスを辞めようと思った時期がありましたが、そんな時にWWEを見に行ってプロレス観が広がり、救われたといいます。心の中には「いつか、あのWWEで」という気持ちが以前からあったのは事実ですが、エース兼社長だった三沢光晴が09年6月に急逝、12年末には秋山準、潮崎豪らの離脱、昨年は小橋建太、田上明が相次いで引退という状況下でNO MERCYというユニットのリーダーとして、GHCヘビー級王者としてノアの再建に尽力してきたKENTAにとって今回の決断までには長い葛藤があったのです。