サラダバーのようなピザ「Skinny Pizza」

解説

カジュアルな雰囲気の店内です

美食の街シンガポール、ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたり、という時にお勧めしたいのが、Skinny Pizza(スキニーピザ)のピザ! ピザって高カロリーの代表選手じゃないの?という声が聞こえて来そうですが、Skinny(スリムな)という名前通り、こちらのピザは、低糖質、低カロリーなのです。
「健康的なピザを作りたい」とオープンしたこちらのお店。店内はカジュアルで、気取らない雰囲気です。サラダバーのような健康的な店にしたい、というコンセプト通り、メニューにはピザだけでなく、サラダやスープなどが揃っています。

こちらのもう一つの特徴は、シンガポールらしいローカルフードを具材にしたピザがあるということ。そこで、ローカルフードKong Bak(豚の角煮のようなもの)をアレンジした、季節限定のピザ(24シンガポールドル)と、お店一押しのイカスミのピザ(29シンガポールドル)を頂きました。

具材が主役! 驚きの薄さのヘルシーピザ

解説

たっぷりの具材、チーズは控えめです


解説

クラストのこの薄さ、お分かりいただけますでしょうか?

オーダーしてしばらくたつと、鉄板の上でこんがりと焼き上げられたピザが登場します。
まず、通常のピザとの一番の違いは、びっくりするほど薄くてカリカリのクラスト。普通のクリスピークラストよりも、もっともっと薄く、ワンタンの皮をオーブンで焼いたような印象です。そして、「サラダバー」というコンセプト通り、フレッシュな野菜がたっぷり。

解説

ローカルフードを生かしたピザ

Kong Bakのピザは、ジューシーな豚の角煮の薄切りに、たっぷりのレタス、きゅうり、パプリカ。そして、シンガポールで好まれるコリアンダーリーフがアクセント。一口たべると、クラストのカリカリ感と、フレッシュな野菜のシャキシャキした食感、そして旨味のある豚の角煮がとってもいいバランス。一味唐辛子と細切りにしたチリのぴりっとした味わいと、マヨネーズとフライドオニオンのコクが、さっぱりした野菜のアクセントとなって、チーズが入っていないのに、ピザを食べた! という満足感が感じられます。

解説

シーフードの食感がちゃんと生きています

続いて、イカスミのピザは、イカスミ入りのインパクト抜群の生地に、フレッシュなイカや海老、ホタテ等のシーフード、トマトやロケットがのっています。シーフードは程よい火入れで、プリプリ、しっとりした食感が残っています。トマトの酸味とロケットのほのかな苦みが、シーフードの甘みを引き立て、細かくシュレッドされたパルメザンチーズが、旨味を与えてくれます。

厚いクラストとチーズはなしの、具材が主役のピザ。たくさん食べても胃もたれせず、ヘルシーな具材で勝負する、新感覚のピザです!
驚きのクリスピーさを、ぜひ実感してみてくださいね。

<DATA>
■Skinny Pizza
営業時間:11:00~21:30 
住所:501 Orchard Road, #03-04 Wheelock Place, Singaopore 238880
TEL:+65 6235 7823
アクセス:MRTオーチャード駅直結

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。