ドイツで一番有名な市庁舎レストラン「ブレーマー・ラーツケラー」

ratskeller1

巨大なワインの樽が並ぶラーツケラーの大ホール。いろんな部屋があるのであちこち見てみよう!

ratskeller2

小さな入口から地下へ下りていきます

ドイツではたいていの街の市庁舎の地下に「ラーツケラー(市庁舎の地下倉庫、ワインセラー)」と呼ばれるセラーがあり、中世の終わりにはワインの貯蔵庫や販売所として使われていました。この地下室の多くは今も残っていて、現在ではレストランとして営業しているため、ドイツ中の市庁舎に「ラーツケラー」という同じ名前のレストランが存在します。

歴史的な建物で郷土料理や地酒を味わえるとあって、ラーツケラーは観光客に大人気。中でも、世界遺産にも登録されているブレーメンの市庁舎にある「ブレーマー・ラーツケラー(Bremer Ratskeller)」は、1405年創業という歴史と1200種という膨大なワインが貯蔵されていることで特に有名で、市庁舎とともにブレーメンの観光名所の1つとなっています。

ブレーマー・ラーツケラーの入口は、ブレーメンの音楽隊像が佇む市庁舎の西側。地下へおりると、小さなエントランスからは想像できないような大きな空間が広がっています。巨大なワイン樽が並ぶ大ホールや、アーチ状の柱で囲まれた小部屋、エレガントな個室などいろんな部屋があり、重厚な雰囲気に観光気分も盛り上がります。

豊富な郷土料理とワインを味わえる歴史ある店

ratskeller3

サーモンのソテーにじゃがいも添えたボリュームたっぷりな一皿。料理もワインもビールも美味しい!

メニューは「ラプスカウス」(コンビーフとポテトのタルタル+目玉焼き)やブレーメン風ハンバーグ「クニップ」などの郷土料理はもちろん、前菜、スープ、魚・肉料理、デザートまで種類豊富。平日のお昼はサービスランチが用意されていて、7.9ユーロととってもお得です。

ratskeller4

膨大なワインコレクション

飲み物は、このお店ではやはりワインを試してみたいですね。なにしろ1200種ものワイン、なかでもドイツワインのコレクションは世界一を誇る店。とにかく種類が多いので、スタッフに好みの味を伝えて選んでもらうといいでしょう。ワインよりビール党、という人もご心配なく。ブレーメンはビールも美味しい街。ここでは陶器のジョッキでいただくことができますよ。

 

ratskeller5

セラーの見学ツアー

レストランの奥には膨大なワインを貯蔵するセラーがあり、なかには現存するドイツ最古のワイン、1653年産のリューデスハイムのワインなど貴重なワインも。月に何度か開催されるガイドツアー(15ユーロ~)は、チョコレートとともに味わうワインの試飲付き。ワイン好きの人におすすめです。

 
こちらの記事も参考にどうぞ>>>ブレーメンの世界遺産、市庁舎とローランド像

Bremer Ratskeller
住所:Am Markt 28195 Bremen
TEL:0421-321676
営業時間:11:00~24:00 ※セラーの見学ツアーは要予約。日程はホームページで確認してください。
アクセス:ブレーメン中央駅から市庁舎まで徒歩10分


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。