ケニアで人気のビール、タスカー

tusker

炭酸はそこそこ強いのですが、泡がすぐに消えてしまいます

ケニアにはビールの銘柄が少なく、輸入品を含めても10種ほどしかありませんが、そんな中で老舗のビールがタスカー。ケニアでNo.1のシェアを誇る人気のビールです。ビールの代名詞にもなっているほどで、「ビール」と注文すれば、ほぼタスカーが出てくるでしょう。

炭酸がキリっとしていて、味はややさっぱりめ。ほど良い渋みとキレで、日本人にも飲みやすいビールです。見渡す限りの大平原、アフリカの大空の下で乾いた喉に「ぐびっ」と流し込む瞬間は爽快!サバンナのロッジでは、昼間から「タスカー」という人も少なくないのです。

アルコール度数は4.2%ですが、サバンナは標高が高いので、お酒のまわりが早いことをお忘れなく!

名の由来は、牙を持つアフリカの王者

tusker2

以前のラベルは堂々としたタスク(牙)を持つアフリカゾウでした

タスカーという聞きなれない名の語源は、英語のTusk(牙)からきています。Tuskerは牙を持つ者。つまりアフリカゾウのことなのです。このビールを生み出したのは英国植民地時代のイギリス人兄弟で、そのお兄さんが狩猟でゾウを追っていたとき、怒ったゾウに襲われ牙で殺されてしまったのだそうです。その反省を込めてか、自然に対する畏怖を込めてか、タスカーと名付けられたといわれています。

ラベルももちろんアフリカゾウ。現在のラベルはデザイン化されたかわいいゾウですが、以前はリアルなゾウが牙を向いていました。

ケニアでおいしいビールを飲むコツ

ケニアでビールをおいしく味わうために、ひとつ覚えておかなくてはならないことがあります。

実はケニアでは昔から、「冷たい食べ物は体に悪い」とされており、ビールもジュースも冷やさずに飲むのです。長いこと電力事情が良くなかったという、物理的な事情もあるのかもしれませんが、とにかくビールも冷やさないのが普通。だから注文するときはあえて、「冷たいビール!」と頼まなくては、生ぬるいビールが出てくるかもしれません。

キンキンに冷えたおいしいビールを飲むために、注文するときは、「Cold Tusker」またはスワヒリ語で 「Tusker Baridi(バリディ)」と注文しましょう。

海外からの観光客が多く集まるロッジでは、近年冷たいビールが提供されるようになってきましたが、街のレストランでは今でも生ぬるいのが普通です。ビール好きは、「Tusker Baridi」というスワヒリ語を覚えておきましょう。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。