ケニア旅行でよく聞く“サファリ”とは?

ケニアを旅行しようとすると、必ず出てくる言葉“サファリ”。よく使う言葉ですが、果たしてサファリっていったい何なのでしょうか?

dictionary

サファリとはスワヒリ語で旅のこと

スワヒリ語の辞書を引くと、a journey と出ています。つまり“旅行”のことなのです。なんとなく、アフリカの草原に動物を見に行く行為を連想していませんでしたか?その通り!実はそれも正しいのです。旅行会社が企画するパックツアーのスケジュールでは、「朝夕、2度のサファリをお楽しみください」なんて書いてありますよね。日本では、国立公園や保護区に繰り出して動物観察をするドライブのことを、“サファリ”と呼ぶことが多いのです。ただ、ややこしいことに、このドライブのことを現地ではゲームドライブと呼んでいます。

サファリは旅。つまりケニア旅行全行程がサファリであり、そのメーンイベントがゲームドライブなのです。

ケニア旅行の足はサファリカー

safaricar

ルーフが開くように改造されていて、見晴らしは抜群のサファリカー

パックツアーに参加すると、到着した空港に送迎のバスが出迎えてくれますよね。ケニア旅行の場合は大型のバスではなく、小型のサファリカーがやってきます。客席最大9人乗りのワゴン車を、サファリ用に改造した車です。最大9人とはいえ、参加者全員が窓側に座れるよう、通常6人しか乗りません。

空港に出迎えてもらってから空港に送り返してもらうまで、このサファリカーがケニア旅行の足となります。国立公園への移動はもちろん、草原でゲームドライブするときも同じサファリカーです。車を運転するドライバーさんは、旅行ガイドから動物の案内までこなしてくれる、いわば現地係員の役割を果たしてくれます。 

ケニアのサファリはサバンナで

“サバンナ”という言葉もケニア旅行では度々耳にすることと思います。

savannah

野生動物が暮らしているサバンナは、熱帯サバンナ気候の草原のことです


この言葉はサバンナ気候に由来するのですが、サバンナ気候とは赤道付近に分布する熱帯気候のひとつです。季節は雨季と乾季に分かれ、年間を通してあまり気温差がないのが特徴です。そして、サバンナ気候を持つ地域にある草原、それをサバンナと呼んでいます。イネ科の植物が草原を埋めつくし、ところどころアカシアなどの潅木が見られる、まさに私達がイメージするアフリカの草原です。

私達が動物ウオッチングをするために訪れるのは、もちろんサバンナ。標高は1700メートルぐらいあり、昼間は陽射しが強くて暑いものの、日が沈むと急に肌寒くなるので、サバンナを訪れるときは暖かい服装、特に重ね着ができるようにしておくと良いですよ。