ウィーンの街で開設150周年、記念の特別展始まる。

ウィーン歴史地区のど真ん中にあるオーストリア応用美術館。通称「MAK」。
ボクがウィーンに行く目的のひとつにこのMAKがある。
16

 

MAKは、中世から現代に至るデザインミュージアム。
15

 

建築、家具、ガラス製品、陶磁器、銀細工、テキスタイルなど、様々なジャンルのデザイン作品が展示されている。

19

 

特に世紀末芸術のメッカと言われるウィーン工房の工芸品、トーネットの曲げ木家具・椅子、ユーゲントシュティール様式の名作。
18

 

また、ストックレー邸(ブリュッセル)壁面装飾画のためグスタフ・クリムトが金箔を用いて描いた下絵、グラスゴーの家具・建築デザインで一世風靡したチャールズ・レニー・マッキントッシュの壁画・家具など、貴重な展示品がいつでも観賞できるミュージアムなのだ。

さて、MAKでは開設150周年を記念して、3つの特別展が開催されている。
ちょうど開設150周年を祝して記念レセプションの紹介があったので早速MAKへ向かった。
14

 


大きな吹き抜けのMAKメインロビーでは各界の方々が集合し、150周年記念の祝福のスピーチやコメントで盛況だった。

13

 

次のページではMAKのコレクションを紹介します。