汗や皮脂に加えてサンプロテクターの重ねづけでベタつきがちな夏の肌。さっぱり感重視で洗浄力の強いソープを愛用したり、すっきりしたくてついついボディタオルを持つ手に力が入ってしまったり……。フェイスケアに気持ちが傾きすぎてボディにまで気が回らないなんてことも? 夏のボディは、想像以上にダメージを受けているものです。

そこで本格的な夏の到来を目前に、ボディケアアイテムも見直しておきたいところ。なかでもおすすめしたいのが、天然由来の成分にこだわったヘアケア&スキンケアコスメでおなじみのオブ・コスメティックスから発売された2種のボディソープ。石けん特有の“さっぱり感”に“洗いながら補う”ベタイン系洗浄成分を組み合わせることで、さっぱりなのにつっぱらない洗い上がりが実現しました。

オブコスメティックス

左からグレープフルーツの香りが爽やかな「ソープオブボディ・201G」(450mL 4250円[税抜])、ローズの香りがリッチな「ソープオブボディ・201-RH」(450mL 4250円[税抜])。しずく型の素敵なボトルでバスルームも華やかな印象に。


蒸し暑い夏にうれしい柑橘系の精油をベースにした「ソープオブボディ・201G」(写真左)は、天然のグレープフルーツとレモン果皮から抽出された精油をベースにした爽やかな香りが特徴。豆乳発酵液やプルーン分解物など天然由来の保湿成分に、みずみずしい美肌を保つオーガニックエキス(セージエキス、ラベンダーエキス、ローズマリーエキス)とホホバオイル、アルガンオイルを配合。身体を洗うことで生じる乾燥や肌荒れを防いで、潤いと柔軟性を与えてくれます。

ハチミツ色のソープがリッチな印象の「ソープオブボディ・201-RH」(写真右)は、ベタイン系洗浄成分にフルーツやシルクなどのアミノ酸系洗浄成分を組み合わせた弱酸性のボディウォッシュ。クリーミーな泡が、素肌を包み込んで過度に脱脂することなく優しく洗い上げるので、しっとり落ち着いた感触の肌に。お風呂上がりの急激な乾燥で肌がピリピリしがちな人にも、ぜひ試して欲しいソープです。バスルームいっぱいに広がる、優雅で上品なローズの香り。



その日の気分にあわせて使い分けも!

蒸し暑い夜は、グレープフルーツの香りが爽やかな「ソープオブボディ・201G」でさっぱりと、週末は「ソープオブボディ・201-RH」の優雅なローズの香りに包まれながら、ゆったりとバスタイムを楽しんで。毎日の肌のコンディションと相談しながら、使い分けを楽しむのもおすすめです。


■DATA
オブ・コスメティックス
ソープオブボディ・201G <グレープフルーツの香り> 450mL 4250円(税抜)
ソープオブボディ・201-RH <ローズの香り> 450mL 4250円(税抜)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。