プールの季節が始まりました。プールを予定していた日に雨が降って入れなくなったら、子ども達は大騒ぎするほどプールが大好き。そんな楽しいプールですが、みんなで気持ち良く、安全に使用するためには、守らなければならないマナーがたくさんあります。皆さんは守られているでしょうか。

プールに入る前に、衛生面で気を付けることは

a

プールの水質はみんなの努力で守られます

●必ずシャワーを浴びましょう

子どもなら、食べかすがついていることもあるでしょうし、泥がついてるかもしれません。目に見えなくても、菌もあるでしょう。ですから、必ずシャワーを浴びましょう。

最近のプールではしっかりと水質管理ができていますが、一人ひとりのマナー向上で、もっと水質が良くなり、気持ち良くプールを楽しむ事が出来ます。トイレの使用後も、必ずシャワーを浴びましょう。

●水着、水泳帽を必ず着用しましょう
Tシャツなど着用のまま入水することは不衛生です。また、髪の毛が水中に落ちないように、帽子もかぶりましょう。サンダルも履いたまま入水しないように。プールサイドのみサンダルOKのところもありますので、施設の規約に従うように。

●オムツの取れてない子どもは遊泳用オムツを着用しましょう
オムツの取れていない子どもは、入水禁止の施設もあるようですが、OKのところでも、必ず遊泳用オムツを着用しましょう。このタイプのオムツの認知度は低いので、誤解を受けないように、オムツの上から必ず水着を着用の上、入水するようにしましょう。

●化粧、整髪料、日焼け止め、サンオイルなどをよく洗い流しましょう
化粧・整髪料などはプール水質悪化の原因になります。「顔を水に付けないから、メイクを落とさなくてもいいでしょ」と言う人もいますが、プール内で顔に水がかかるだけでも、水が汚れてしまいます。

衛生面の観点からしてはいけないことは

●たんや鼻水等をプールの中に捨てない
当然のことですが、鼻水などの処理に気を配りましょう。

●プール内、更衣室などでの食事・喫煙はしない
基本的にプールサイドや更衣室では食事・喫煙は禁止のところが多いようですが、指定区域内ではOKのところもあるようです。施設の規則に従いましょう。常識的なことですが、ゴミは必ず各自で持ち帰るようにしましょう。

水分補給のため、飲み物のみ持ち込み可能なところもありますが、飲みものがこぼれないように、蓋付きのものにしましょう。

>>プールに入る前に、安全面で気を付けることは