イタリアの家具工場見学レポート
VARENNAシステムキッチン工場とショールーム

4月に開かれたミラノサローネには、筆者が主催して24名の視察ツアーを実施しました。サローネ会場やフオリサローネと呼ぶ市内各所で開かれたイベント、ミラノ市内の再開発住宅視察などに加えて、今回はミラノ北方のコモ湖近くのCANTU市にあるキッチン家具メーカーと家具金物メーカーの視察もおこないました。

キッチン家具メーカーでは、中級クラスから上のユーザー向けキッチンを生産する「VARENNA」の工場とショールーム、無垢材を使った家具やキッチンで独自の道をゆく「RIVA1920」の木材博物館、そしてイタリア最大のキッチン家具金物メーカー「SALICE」の工場視察でした。

どの企業も、工場内での撮影は禁止なので、現場の写真は掲載できませんが、ショールーム視察のレポートで、各社の哲学を感じ取ってください。

VARENNA
ヴァレナは、50年以上前に創業された家具メーカーPoliformのキッチン部門として20年前にグループ傘下に入り現在に至っている。

1万平方メートル以上ある広大なショールームには、Poliformのリビング家具やダイニング家具と20セット以上のキッチンがレイアウトされている。

このメーカーのデザインコンセプトはモダーンキッチンで、メラミンラミネートの中級クラスから無垢の天然石や木材を活用したハイエンド商品まで様々なデザインとスペックが用意されている。

Poliformには現在9つの工場があり、700人の従業員が働く。Varennaのキッチン工場は25,000平方メートルの規模で、150人の従業員が働く。他に50人のスタッフで経営、管理、販売をおこなっている。

varenna

Varennaに向かう畑といと杉


 
varenna

Poliform本社ショールーム


 
varenna

Varennaシステムキッチン


 
varenna

Varennaシステムキッチン


 
varenna

Varennaシステムキッチンの天井組込みレンジフード


 
varenna

Varennaシステムキッチンのシンク


 
varenna

Varennaシステムキッチンのクックトップ


 
varenna

Varennaシステムキッチン


 
varenna

Varennaシステムキッチン


 
varenna

Varennaシステムキッチン


 
varenna

Poliform家具ショールーム


 
varenna

Varenna工場前での質問風景


 
varenna

Varenna工場前での質問風景


 
varenna

Poliform-Varenna本社前の記念集合写真


 
◇次ページでは「RIVA1920」のショールームと家具博物館視察報告、「SALICE」工場視察報告をおこないます。

©June.2014 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.