猫はとても好奇心が強い動物です。初めて見るものとか、微妙な動き方をするものとか、何が猫の好奇心を引くかはその時々、また猫の性格によって違います。今まで見慣れていたはずのものでも、いったん猫の好奇心アンテナに触れると「こいつはなんだ?」とその正体を確かめたくてウズウズし始めるのです。

好奇心が徒となって、注意力散漫で交通事故に遭ったりすることもあるので、猫には注意を呼びかけたいところですが、好奇心むき出しの時の猫の顔、すごく真剣でかわいらしいのです。今回はそんな好奇心満タン猫の顔を特集します。


ほら、おじさんは怖くないよ~

カメラを両手で抱え込んで、自分に引き寄せようとするキジ君。自分がおっきい猫ってわかってるので、できるだけソフトムードで仲良くしようと試みます。
ほら、おじさんは怖くないよ~

ほら、おじさんは怖くないよ~



とっても素直な黒白君

素直な子猫代表です。なんの警戒心もなく、カメラレンズに近づいてきます。この後、想定通りカメラとぶつかるのですが(笑)、どうやら彼が興味を示したのでは、カメラを持っているわたしの手だったようです。
とっても素直な黒白君

とっても素直な黒白君



警戒信号発信ちう

ちょっとびびりな黒三毛ちゃんです。カメラがズンズン近づいてくる、でももう逃げるには遅い気がして固まっちゃいました。耳を後ろに寝かせて、緊張のあまり舌をペロペロ。これ以上追い詰めるのは可哀相なので、ここで終了。
警戒信号発信ちう

警戒信号発信ちう


続いて、目と鼻で確認するタイプをご紹介→