スカイラインの電子装備を解説!

スカイラインにはたくさんの電子装備が付いている。1時間や2時間乗ったくらいじゃ分からないほど。というか安全のための技術などは、危険な状況にならない限り稼働しないので、分からない方が良い、ということになります。果たしてどんな装備が付いているのか? 代表的なモノを紹介したい。
スカイライン

スカイライン

最初に電子装備のアウトラインを解説すると、普通に走っている限り“ほぼ”全ての事故を未然に防ぐことが出来る可能性を持つ。さらに居眠り運転や、高齢者や疾病を持っている人なら、万一意識障害が出ても大事に至らず止まれる可能性を持つ。現時点で最も安全なクルマだと考えていいだろう。
  • 追突防止 車体の前方をミリ波レーダーで常時監視。追突の危険性が出たら警告を出し、それでもブレーキを踏まなかった場合、自動で緊急ブレーキをかけてくれる。基本的に60km/hから停止出来る性能を確保しており、これは新型アイサイトのやベンツのシステムの50km/hを凌いでおり、世界一。
  • 側方監視 車線変更時の接触事故は非常に多い。車両の後ろ側方を常時監視しており、接近してきた車両が死角に入っているときは室内の警告灯でドライバーに知らせる。警告を見逃して車線変更しようとしたなら、車両が自動的に制御を行い、同じ車線をキープするような挙動を出す。
  • 車間距離制御 先行車に近づきすぎると自動的にアクセルが「ポン!」と戻り、ドライバーに軽い注意を促す。さらに接近すると自動で緩いブレーキ制御を行い、一定の車間距離まで離れてくれる。このシステム、信号で停止するときも機能しており、先行車さえ居ればブレーキを踏まなくても停車してくれます。
  • 後突防止ブレーキ 後ろにカベや車両が居るようなケースでバックしたら、一定の距離で警報を出す。それでも後進を続けたら、自動でブレーキ制御を入れる。バックしてカベにぶつかるような事故の大半を防止することが可能。シニアドライバーなどにぜひとも欲しい安全デバイスだ。
  • 車線逸脱警報 前方を向いたカメラが車線を認識。車線を逸脱しそうになったら警報音とともに車体を自動的にキープしてくれる。高速道路の直線区間なら、ハンドル操作することなく車線をキープ出来るほど。もう少し頑張れば、直線区間だけの自動運転も出来るかもしれません。
なかでも便利なのが車間距離制御機能。街中で走っている時に、先行車さえいればブレーキペダルを踏むことなく走れてしまう。すなわち、信号が青になってアクセル踏んで発信。次の信号が赤なら、先行車の車間距離をキープしながら自動ブレーキで滑らかに止まってくれるのだ。

スカイラインに採用されている電子制御を進化させていけば、相当レベルの高い「衝突しないクルマ」や「渋滞時はクルマが速度も車線もキープしてくれる」ようになると思う。ちなみに現時点でスカイラインより優れた制御技術を持っているのはベンツのみ。1日でも早く追い越して欲しい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。