自宅は職場よりストレスが多い!?

140601

自分の家ぐらいはダラダラ寛ぎたい

皆さんにとって家庭は安らぎの場ですか?「ブルーマンデー」という言葉もあるように、週末が終わり、仕事に行かねばならない月曜日は、多くの人にとって憂鬱な日。それはもちろん、「会社=大変、ストレス」に対して「自宅=楽、リラックス」という大前提があるからです。ところが先日、そんなイメージを覆す調査結果がアメリカで発表されました。

アメリカ、ペンシルベニア州立大学の研究者チームが発表した論文によると、彼らの行った実験では、「被験者の大半が、職場にいる時のコルチゾール値(ストレスに反応して副腎皮質から出されるホルモンの分泌量)は家庭にいる時よりも恒常的にかなり少ない」という結果が出たそうです。

これは男女を問わず、子供の有無にもかかわらず、共通してみられる現象だったそう。米国北東部の中堅都市で被験者122人を無作為に抽出して行った実験ということで、それほど大規模な調査ではないですが、「職場より家庭の方がストレスが多い」という、今までの常識を覆す、大変興味深い調査結果といえるでしょう。

確かに、私の主宰する恋人・夫婦仲相談所にも家庭でのストレスの相談が数多くよせられます。そこで今回は、ストレスを感じている男性にフォーカスして、「家にいる時にストレスを感じている男性の家庭にはどんな傾向があるのか」を5つにまとめてみました。
 

特徴1:自分の存在感がない

人は誰でも、自分の居場所を見つけることで、自分の存在を周囲が認めてくれたと感じ、安心感を持つことができます。つまり、家庭の中に自分の居場所のないだんな様は、自分の存在を周囲が認めてくれていないように感じているはず。たとえば、毎日の食事のメニュー、買い物やお出かけの予定、テレビのチャンネル権など、日常のちょっとしたことが子供優先になっていて、だんな様無視で進んではいないでしょうか?

あるいは、物理的にだんな様の居場所がない、という例もよくあります。書斎がないのはもちろんのこと、リビングのソファーは子供に占領され、夫婦のベッドルームはすっかり妻の個室と化している……。そんな家庭は、だんな様にとって自分の存在意義すら見失ってしまいそうなストレスフルな家庭だといえるでしょう。
 

特徴2:素晴らしすぎる妻

家の中はいつもきっちり片付き、仕事と家庭をどちららもテキパキ過ごす「デキる」奥様。一見「どこがストレスなの?素晴らしい奥さんじゃない!」と周囲から言われてしまうような、そんな素敵な妻が夫のストレスになることもあります。あまりにきっちりした性格ゆえに、だんな様のことも、きっちり管理したり支配したりすることを望む妻。また、何事も完璧主義で、周囲にもそれを求める妻。そんな妻が家庭にいたら、まるで上司が家にもいるようなもの。だんな様のストレスが増えてしまうのも納得です。