桐谷さんの銘柄選びは3つの基準

桐谷さんが選ぶ金券優待ベスト3

桐谷さんが選ぶ金券優待ベスト3

桐谷さんが銘柄選びで重視するのは、「1.実質利回り」「2.PER(株価収益率)」「PBR(株価純資産倍率)」の3つ。チャートに線を引っ張ったり、四季報を見ながら細かな企業業績をチェックしたりといった面倒なことは、ほとんどしないと断言します。

「実質利回りとは、企業が出している配当と優待の利回りを足したものですが、できれば5%以上は欲しいところですネ。そして、株の割安度をチェックするPER(株価収益率)は15倍以下、PBR(株価純資産倍率)は1倍以下が一般的に割安とされており、小さいほどグー! これらをクリアしている銘柄を選びます」

さらに桐谷さんがチェックするのが、証券会社のウェブサイトやマネー誌に掲載されている「理論株価」です。

「理論株価は、業績や財務状況から算出された、理論上の株価です。これを現在の株価と照らし合わせて、割安かどうかを確認する目安にします。証券会社のサイトや雑誌には、割安度が10段階や点数制で成績表のようになっているものも多いので、そういったものを参考にするといいですヨ」

それらを踏まえて、桐谷さんがセレクトした3銘柄がこちら!

※株価、利回り等は取材時のものです

ベスト1 あかつきフィナンシャルグループ<8737>

「あかつきフィナンシャルグループ<8737>は9月のオススメ銘柄にも入れましたが、100株で年間1000円分のクオカードがもらえます。ここをベスト1にした理由は、配当が4.86%で、クオカードを貰った場合の利回りと合わせると、7%という高利回りになるから。4万円台で株主になれるし、証券会社が出している割安度が最も高かったので、ここを選びました」

ベスト2 リックコーポレーション<3147>

「岡山県を中心にホームセンターとペット店を展開している会社です。配当は1.33%と低いけれど、優待でギフト券が貰えるところがポイントが高い。金券優待というと、大抵クオカードが多いんですが、ここはVJAギフトカードという1000円券を2000円分くれるんですね。それが3.8%の利回りなので、合わせると5%を超えます。ここより利回りのいい金券優待もたくさんあるけれど、ギフトカードが貰えるところはかなり少ない。ギフトカードはクオカードが使えないようなスーパーやデパートでも使えたりするし、もちろん金券ショップでも売りやすいのが利点。ですから、ココをベスト2にしました」

ベスト3 八洲電機<3153>

「八洲電機<3153>も、9月のオススメ優待で紹介した銘柄です。実質利回りは5.2%で、1000円分のクオカードがもらえます。証券会社がだしている割安度を見ても、高評価。5万円以内で株主になれるという買いやすさも魅力です」

「上の3つは使い勝手や割安度などを総合して、私が選んだベスト3ですが、結局、いい優待があるとみんながこぞってその銘柄を買うから、株価がどんどん上がって割安度が下がっていくんです。だから、割安の銘柄はまだそこまで知られていない株だともいえますネ」

★桐谷さんの連載は次回に続きます!

undefined

 

桐谷 広人さんプロフィール
1949年広島県出身、将棋棋士・投資家。日本テレビ系のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』で現金を使わず、株主優待のみで生活をする姿が話題になった。現在はテレビ、雑誌、書籍などで幅広く活躍し『桐谷さんの株主優待生活』など著書多数。

取材・文/西尾英子 撮影/松本英明

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。