岩山の中を轟音とともに流れるトリュンメルバッハの滝/スイス

トリュンメルバッハの滝

お天気が悪い日は観光客が一層増えるトリュンメルバッハの滝


ユングフラウ地方、ラウターブルンネンU字谷に72ある滝の中で、シュタウプバッハの滝と人気を2分するのがトリュンメルバッハの滝です。アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山に横たわる氷河から解け出す水がここに集まり、流れ落ちます。

ラウターブルンネン

ラウターブルンネンのU字谷、写真左側の岩山の中を流れる

トリュメンルバッハの滝は、遠くから見えるわけではありません。最寄りのバス停に着いてもその姿はまだ視界に入ってきません。バス停 から切り立った崖の先に見えるアルプスを見ながら小道を歩いて約2分。チケット売り場を過ぎ、山の麓に近づくと、どこからともなく水が流れる音が聞こえてきます。この滝は、岩山の中を流れ落ちているのです。



トリュンメルバッハの滝入り口

バス停付近にある標識には滝に関する説明も

毎秒2万リットル(バケツ約2千杯)の水が、険しい洞窟の中を10層の滝となって流れ落ちていきます。滝の入り口で入場料を払った後、まず洞窟内に設置されたフニクラで滝の上部で上がりましょう。フニクラを下りてさらに階段を上がると、10層の滝の最上部です。




トリュンメルバッハの滝

怒り狂ったような勢いで流れる水に圧倒される

洞窟内は激しく流れ落ちる水の轟音で、会話も難しいほど。洞窟内の光が差し込まない箇所には照明が置かれ、怒り狂ったように激しく流れる水の様子を眺めることができます。洞窟内の階段を下りながら、滝を順番に見学できるようになっています。

アクセスはラウターブルンネンからシュテッヒェルベルグ方面行きのバスに乗って7分。一つ目の停留所、Trümmelbachfälle で下車します。またはラウターブルンネンから徒歩約40分。

日本ではまだそれほど有名ではない滝ですが、ミシュランのガイドブックでも「ぜひ訪れたいところ」として最上ランクの3星が付けられています。ユングフラウ地方滞在中あいにくお天気が悪い日でも、ここなら十分楽しむことができます。洞窟内は濡れている所もあるので、滑りにくい靴で行きましょう。


<DATA>
■トリュンメルバッハの滝 Trümmelbach Falls
住所:CH-3824 Trümmelbach/Stechelberg
TEL:033-855-32-32
営業時間:4月上旬~11月上旬の9:00~17:00(7~8月は8:30~18:00)
シーズン開始と終了時期は要確認 (TEL: 033-855-32-32)。冬期閉鎖。
入場料:大人11スイスフラン



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。