ニュージーランド行きおすすめ航空券

ニュージーランド上空。迫力はる風景が続く

ニュージーランド上空。窓からの景色がどんどん変わっていく

パッケージツアーではなく、ニュージーランド旅行を自分で計画した場合、旅行計画の第一歩は航空券の予約から。日本から11時間以上かかるからこそ、航空会社は慎重に選びたいもの。ニュージーランド行きの航空券選びの参考になるように、航空会社についてまとめてみました。

日本(成田国際空港、関西国際空港)からニュージーランドへの直行便は日本航空とニュージーランド航空との共同運航便が出ており、オークランド(北島)と クライストチャーチ(南島)の2都市に就航しています。直行便であっても所要時間は、約11時間。ちなみに、2010年4月現在、首都ウエリントンへの直行便はありません。

乗り継ぎ便では、主に、カンタス航空がオークランド、ウエリントン、クライストチャーチの3都市へ就航。シンガポール航空がオークランド、クライストチャーチに。そしてコリアンエアー、キャセイパシフィック航空、ジェットスター航空、タイ航空はオークランドへのフライトがあります。乗り継ぎのスムーズさでいうと、どれも似たりよったりですが、キャセイパシフィックは日本-台湾間の便が多い分、乗り継ぎは良いと言えます。

ニュージーランドの夏にあたる12月から2月には飛行機も混みあい、値段も上がります。この時期に旅行を予定するなら早めの予約を! 一番安い時期は、ニュージーランドの秋・冬にあたる5月6日あたりから、7月の中旬頃です。