夏は日照時間が長いので自然と起床時刻は早く、逆に就寝時刻は遅くなっていき活動の時間が自然と長くなります。1年の中でも花火大会にお祭り、海水浴や登山、BBQなど、楽しいイベントが盛りだくさんのシーズン!

一方、当然夏は睡眠の「量」が短くなる傾向が強まるともいえます。また、高温多湿という特殊な気候により寝苦しい日々が続いて、睡眠の質も著しく低下してしまうので、体力が追いつかず夏バテしてしまうという人も。

せっかく楽しいことが目白押しになる夏、体調不良になっている場合ではありません!しかし、夏場の自分の眠りを振り返ると、「暑くてなかなか寝付けず、やっと寝付いてもすぐに暑さで目が覚める、夏は寝たり起きたりの繰り返しで朝になる」という経験をした人も多いと思います。

言い古されていることではありますが、「夏の快眠対策」はズバリ「暑さ対策」です。では、いったいどのような暑さ対策を講じれば良いのか、ここでは3つの方法をご紹介します!

夏の快眠術1 25℃で壁を冷やせ!

冷房を使用するので、パジャマは長袖長ズボンが理想的です!

冷房を使用するので、パジャマは長袖長ズボンが理想的です!

就寝時に冷房をつけるという人がほとんどだと思いますが、実はいざ寝るときになってから冷房を入れたのでは部屋の空気しか冷やすことができません。そのため、タイマーが切れた途端、壁にこもっていた日中の太陽の熱が出てきて部屋の温度が急上昇し、寝苦しくなって中途覚醒を引き起こす原因になるのです。目を覚ましてまた冷房をオンにするも、再び切れると目が覚めてしまうという繰り返し。これでは「快眠」はほど遠いですよね。

逆に朝までつけっぱなしではお財布に優しくないだけでなく、夏風邪をひきかねないですし、冷房病になってしまうことも考えられます。

夏の快眠を叶える正しい冷房の使い方のポイントは2つ。「就寝1~2時間前に25℃~26℃でスイッチを入れ、壁を徹底的に冷やすこと」。そして、「就寝するタイミングで27~28℃に設定温度を上げて3時間で切れるようにタイマーをセットすること」です。

さらに、ベッドが西側か南側にある方は、陽の当たりが少ないほうへベッドを移動させるか、もしくは壁から10cm程度離すこともおすすめ。可能であれば、壁の外側にすだれやグリーンカーテンをかけるだけでも、熱の溜め込みを減らせますよ。