新築、中古ともに供給は少なめ、
中野区か、練馬区かを選ぶ必要も

駐輪場

他線と距離があるため、歩くと10数分以上という場所も多く、自転車利用も盛ん。あちこちに駐輪場を見かけた(クリックで拡大)

全体として住宅の新規供給はそれほど多い場所ではありません。狭い場所でも立てられる新築建売一戸建てでも、他駅に比べれば数は少ないほう。まして、広い土地が必要なマンションは新築、中古とも少なめ。新築でいえば、供給されるとしても駅から10分以上離れた場所になり、最近では野方駅と並行する西武池袋線の練馬駅とのちょうど真ん中あたりで供給が目につくところ。並行する路線としてはもう一本JR中央線がありますが、こちら側のほうが地価、物件価格ともに高めです。

 

新青梅街道

駅から北側、新宿線と並行して走る新青梅街道。通り沿いにはマンションなどもあるが、それほど多くはない(クリックで拡大)

中古も駅から10分以上が中心で、価格は築20年、60平米で3000万円台の半ばから。注意したいのは前項でも触れましたが、駅から離れると自治体が異なること。練馬区なのか、中野区なのかで公共のサービスは異なります。どちらを良しとするか、価格、サービスを考えて選択する必要があるでしょう。

 

住宅地の様子

緑の多い、区画の広い住宅が並んでいた一画。古そうな家もあった(クリックで拡大)

駅周辺の住宅街でいえば、中心は一戸建てと小規模な賃貸アパート。ところどころに昔ながらの広い庭付き一戸建ても残されていますが、全体としては土地面積30~40坪(100~130平米前後)くらいといったところ。また、西武新宿線は伝統的に学生居住者が多く、場所によっては複数棟が並んでいることも。賃貸住宅併用の一戸建ても少なくないようです。こうした賃貸住宅が多いためかコインランドリーも目につきました。

 

デザイナーズ系賃貸

駅の北側、商店街沿いで見かけたデザイナーズ系賃貸物件(クリックで拡大)

現状の新築建売一戸建ては4000~5000万円台が中心で、高いものはもちろん、もっと高め。賃貸はワンルームマンションで6万円台後半~、2DKで11万円~、アパートになるとワンルームで5万円台半ばくらいから、2DKで9万円~といったところ。最近はデザイナーズ系のしゃれた物件も建てられているようです。

 

商店街正面

商店街にある定食屋さんで昼食を取った。野菜、肉、魚のバランスがよく、味噌汁には野菜がいっぱい。バランスの良い、手作りの食事が出る街は良い(クリックで拡大)

中野、高円寺や新宿とはバス路線でも繋がれており、電車は各駅停車しか止まらないものの、都心に複数アクセスを持つ街、野方。派手さはないものの、毎日の暮らしや食を大事にしたい人にはお勧めです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。