昔ながらのローカルスイーツがおいしいカフェSinpopo BRAND

説明画像

昔懐かしいインテリアがキッチュな雰囲気を盛りあげる可愛い店舗。友達とおしゃべりを楽しむシンガポーリアンがたくさんくつろいでいました

カトンエリアの中でもおいしい店が並ぶことで知られるジューチャットロードで、ひときわ賑わう可愛い店。Sinpopo BRANDは若いシンガポーリアン達が集う人気のカフェです。シンガポールならではのショップハウスに構えられた店舗は、レトロかつポップなインテリアでまとめられていて、居心地がいい。イートンスペースの各席がこじんまりしているのも印象的です。小学校の教室を思い出してしまう小さな椅子が配されているのもキュートで、“楽しい放課後"的な空気感に癒されます。

Sinpopoのメニューは、シンガポールの昔ながらのスイーツとランチなどで利用できるローカルフードがメイン。シンガポーリアンには、フードメニューも人気のようですが、私のおすすめはスイーツ。伝統的なローカルスイーツのメニューはかなり豊富です。キッチュな食器でサーブしてくれるので、レトロなスイーツを食べているという気がしないのも、若いシンガポーリアンに人気のポイントなのかも。今回はスタッフおすすめの、Gula Melaka Soft Jelly(4.90シンガポールドル)と、Sug Muay Pop(3.90シンガポールドル)をオーダーしてみました。

説明画像

コーヒーゼリーの甘~いバージョン? 疲れが癒されるGula Melaka Soft Jelly(写真下)は必オーダー

Gula Melaka Soft Jellyは、マラッカ名産のココナッツの樹液でできたゼリー。もっちり甘いゼリーにココナッツミルクをプラス。お味は、黒糖系ですが、黒糖に比べて刺すような濃い甘さではないので、日本人の口にも合うのでは? Sug Muay Popはいわゆるカラマンシー(日本でいうとシークヮーサー?)ジュースなのですが、特徴的なのがまんまるの氷。この氷の中には梅肉が入っていて、炭酸のシュワシュワも加わって、口の中で不思議なハーモニーが。暑いシンガポールにいるとクセになるドリンク。美味!

シンガポールのホーカーセンターなどでも、なかなかレトロなローカルスイーツメニューだけに特化した店にお目にかかることはありませんので、シンガポールの昔ながらのスイーツに出合えるという点でも貴重な店ではないでしょうか?

<DATA>
■Sinpopo BRAND(シンポポ ブランド)
住所:458Joo Chiat Road
TEL:6345-5034(+)
営業時間:12:00~22:00(金・土は~24:00)
定休日:月
アクセス:MRTユーノス駅から徒歩約20分。タクシーで約10分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。