わずか40g!華やかさ満点ブレスレット

こんなにも華やかなのに、重さはわずか40g(板チョコ半分ほど)!
4本のチェーンでシッカリと土台を作り、軽量の「エアパール」を使用することで、ボリュームがありながらつけここちの良いブレスレットに仕上げました。
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

ちょっとおしゃれしたい日や、パーティにもおすすめ

4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット 材料

難易度★★★☆☆
製作時間の目安:120分程度
サイズ:約15cm(マンテル含まず)
  • エアパール 8mm ホワイト……9個
  • エアパール 10mm ホワイト……7個
  • エアパール 12mm ホワイト……4個
  • エアパール 8mm トパーズ(キスカ)……11個
  • エアパール 10mm トパーズ(キスカ)……7個
  • エアパール 12mm トパーズ(キスカ)……3個
  • 丸小ビーズ クリアABまたは菊座(必要があれば)……41個
  • 小判チェーン ゴールド 4mm……16cm×4本
  • 丸カン 0.7×4mm ゴールド……58個
  • Tピン 0.7×25mm ゴールド……41本
  • マンテル ゴールド……1個
今回使用した材料

4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット 作り方

4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

似た形・サイズならば他のものでもOK

今回使用するチェーンはこちら。小さなリング3つと大きなリング1つが連なったタイプです。この小さなリングを活かして、ブレスレットの土台にしたいと思います。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

片方のみを丸カンでまとめます

1.チェーンを約16cm×4本切る。※チェーンの端が小さなリング3つから始まるように注意。
チェーンの片方の端を、丸カンでまとめる。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

左が丸小ビーズ、右が菊座

3.エアパールにTピンをつけ、先端を丸める。
もしパールの穴が大きく、ピンが抜けてしまう場合は、画像のように丸小ビーズや菊座を通してストッパーにする。
ピンの丸め方
もっと簡単なピンの丸め方・二重巻き

 

4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

丸カンを付ける位置に注意

4.2のチェーンのうち左側の2本の、。左図の青で記したチェーンのリングのところに、3で作ったパールのパーツのうち、ホワイト10mmとトパーズ8mmを丸カンでつける。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

4とは位置が異なるので注意!

5.残りの2本のチェーンにも、図の位置にトパーズ10mmとホワイト8mmを丸カンでつける。※4とはパールを付けるリングの一が異なるので注意する。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

12mmパールの位置に注意

6.図を参照し、すべての位置にパールをつける。※大きい方のパールは、2個おきに12mmを使用する。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

3つのリングの真ん中を留める

7.ブレスレットを裏返し、図の位置のチェーンのリングを丸カンで留める。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

緑のリングはパールをつけたところ

8.左図を参照し、それぞれの位置に丸カンで留める。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

裏側から見たところ

すべての丸カンを付け終えたところ。形が安定してしっかりとします。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

マンテルもデザイン性のあるものを!

9.末尾の4本のチェーンを丸カンでまとめ、マンテルをつける。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

ここにもパールをつけるとさらにボリュームアップ

10.両端の丸カンでまとめた部分にパールのパーツを付ける。※9の段階で試着して、スカスカした感じがしなければ省略してもOK。

 
4連チェーンとエアパールの軽量ボリュームブレスレット

パールの柔らかな光沢と量感を楽しんで!

11.金具の緩みや形の歪みがないか確認し、完成。

 
作り方や材料はシンプルですが、2色&3サイズのパールを混ぜて使うのが、単調にさせないコツです。
軽量とはいえ、「かさ」のあるデザインなので、サイズはできるだけぴったりに作るほうが、見た目に美しくなりますよ。

また、留め具はカニカンよりも、マンテルやマグネットタイプのものが付け外ししやすくておすすめです。
長さを変えればストラップやネックレスにもなります。メートル販売のチェーンを購入したら、ぜひセットで作ってみてください!


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。