新築マンションの購入時の諸費用の目安

前ページの事例の諸費用を表にまとめると次のようになります。
表

新築マンションの購入時の諸費用は?


今回の事例では、物件にかかる諸費用が95万円(物件価格対比2.7%)、住宅ローンにかかる諸費用が81万円(物件価格対比2.3%)となります。

住宅ローンの諸費用は金融機関や借入金額などにより変動してしまいますが、引越代約17万円(物件価格対比0.5%)まで考慮すると、新築マンションの諸費用は最低で物件価格対比 5.5%がひとつの目安といえるでしょう。

また、耐久消費財購入費用86万円(物件価格対比2.5%)を加えると最大で物件価格の8%が目安となります。

新築マンションの購入時の諸費用の目安:物件価格の5.5%~8.0%

新築マンションの物件価格をみた場合、住宅ローンの借入金額と耐久消費財購入費用により諸費用の金額は大きく変動はしますが、物件価格(建物分の消費税も含む)に、最低で5.5%をかけた金額、引越しや家具なども含めると8.0%をかけた金額を諸費用として資金計画を立てておくとよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。