迷惑メール設定

迷惑メール設定

Gmailの特徴は、検索の技術力を生かした強力なフィルタ機能です。サービス開始直後も、「迷惑メール」の分類をGoogleのデータベースから共有でき、自らが設定しなくてもあきらかなNGワードを検出して、「迷惑メール」へ分類してくれることで定評があります。

”メールソフト”を使った一般的なメールサービスのように、自分で”スパムメール”や”宣伝メルマガ”、”フィッシングメール”を全部いちいち分類設定する必要がありません。

さらに、Gmailの迷惑メール対策は、一度パソコンで設定を行えば、スマホでも同様に反映されるので便利ですスマートフォンでもGmailのアプリで同様の設定はできますが、今回はパソコン画面を使って迷惑メールの確認方法や、手動で迷惑メールとして報告したり、逆に迷惑メールを解除したりする手順についてお話しします。


迷惑メールの表示

迷惑メールフォルダの中身は、30日後に自動的に削除されますが、時々、大事なメールが紛れていることもあるので、メールが届いていないと他の人から連絡があった場合、チェックしてみましょう。

受信トレイ画面

受信トレイ画面

1.Gmail画面にログインし、受信トレイを表示させます。





迷惑フォルダメニュー

迷惑フォルダメニュー

2.画面の左にある「迷惑メール」フォルダを選択します。





迷惑メール一覧

迷惑メール一覧

選択後、画面に表示されたメールが、迷惑メールとして登録されているメールです。






迷惑メールとして登録された理由の確認

迷惑メールフォルダをチェックした際に、なぜか迷惑でないと思われるメールが、紛れている場合があります。Googleの基準で迷惑メールに振り分けられていますので、その理由を確認してみましょう。

迷惑メールの理由

迷惑メールの理由

1.迷惑フォルダ内にある大事なメールを開きます。
2.黄色い四角の中に理由が記載してあります。




Gmailのヘルプページによれば、迷惑メールになる理由は、下記の理由だそうです。
  • フィッシング詐欺
  • 未確認の送信者からのメール
  • 自らが「迷惑メール」に振り分けたメール
  • 不審なメールとの類似点
  • メールの内容が空
  • 特定の送信者からのメールをブロックしようとした場合