生命力の強いパン

ラトリエ ドゥ プレジール

ラトリエ ドゥ プレジール

全国に人気のパン屋は数あれど、ここ数年、ホントの意味で心を打たれたお店は、数えるほどしか存在しないのが正直なところ。しかし、祖師ヶ谷大蔵にある「ラトリエ ドゥ プレジール」のパンを初めて食べた時に感じたのは、近年稀にみる生命力の強さ。すなわち、粉や酵母から放たれる、活きた香りと力強い旨み。「パン」として形成された後も、個々の素材の持ち味、ピュアさがしっかりと感じられ、さらにそれらが混然となって魅惑的なテイストをつくり上げているのです。舌や鼻腔はもちろんのこと、身体や脳に直接訴えかけるような、数値化できないおいしさだと言えるでしょう。

特におすすめしたいのが、スペルト小麦玄麦、カムット小麦玄麦、北米産有機JAS認証の玄麦を使った“パン アンティーク”、石臼挽き粉を使った超多加水パン“パン ア ラ ファリーヌ ド ムール 138”、フランスの田舎パン“トゥルト”、古代小麦を使った“ディンケルフォルコンブロート”。頻繁に商品がかわるお店なのですが、現時点ではこれらが私の中での四天王です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。