生地、シャンティイ、パティシエールの3つのバランスが秀逸

undefined

 

銀座日航ホテルの隣にあるパティスリーで、ヴァリエーション豊かなエクレール&ロールケーキが主力商品。特にエクレールは、カラフルなショコラのプレートが添えられた今までにはないスタイルで、宝石のような見た目の美しさも兼ね備えています。

すべてを食した結果、最も印象的だったのは、オーソドックスなロールケーキ“ルーラード・マルキー”。米粉と餅粉のみを使用したビスキュイ生地で、クレーム・パティシエール&クレーム・シャンティイを巻き込んだシンプルな一品なのですが、手に取ると指の跡がくっきりとついてしまうほど繊細な仕上がり。きめが細かく、しっとりとしているのは当然のこと、歯を押し返すようなコシも備わっているので、存在感も抜群です。

しかも、がぶっとかぶりつけば、ふわっと軽いシャンティイ&豊かなコクを備えたパティシエールによって、生地の口溶けは一段と加速。しっかりとした芯のあるテイストとともに、軽さ、儚さ、やさしい風味を体全体に響き渡らせてくれるのです。生地、シャンティイ、パティシエールのうち、どれひとつ欠けても成り立たない見事なバランスであると同時に、シンプルスウィーツだからこその「ストレートな感動」を実感することができます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。