ボルボ60シリーズに自社製エンジンを搭載

ボルボS60フロント

試乗したボルボS60 T5 Rデザインは、全長4635×全幅1865×全高1480mm。S60の価格帯は379万~619万円。ちなみにV60は399万~639万円

フォードとのアライアンスから離れ、自社開発された新しいエンジン「Drive-E(ドライブ・イー)」がS60/V60/XC60のボルボ60シリーズに搭載された。

今回、投入されたのは2.0Lの直列4気筒DOHCの直噴ターボで、1.5Lなど今後ほかの排気量にも拡大される見込みだが、まずは60シリーズから自社製エンジンも新たに設定されたことになる。

ガソリン直噴エンジンとしては、トップレベルとなる20MPaを達成した高圧インジェクターや制御コンピュータなどはデンソー製で、新たに搭載された8ATはアイシンAW製と日本のサプライヤーも多く採用されているという。ちなみに「Drive-E」の「E」はハイブリッドを含めた電動化の意味も込められているそうだ。

パワフルかつエコに変身

ボルボS60リヤ

Rデザインは専用エンブレム付のフロントグリル、前後バンパー、デュアルスポーツテールパイプなどを装備し、スポーティムード満点

S60とXC60の同エンジン搭載車に試乗したが、245ps/350NmのスペックはセダンであるS60の1600kgはもちろん、SUVであるXC60の1770kgでも必要十分以上だ。

「ECO+モード(エコプラス)」という省燃費モードも用意されており、インパネのスイッチを押すとエンジンやトランスミッションだけでなく、エアコンやアイドリングストップ機能の最適化により燃費を稼ぐというもの。

似たようなモードは、いまや数多くのメーカーで採用されているが、「オン」にしてもパワーの落ち感はあまりなく、普通に走るぶんには十分どころか、速くて驚いてしまった。もっと燃費重視の設定にしても「走る」ような気がするが、燃費と同じくらいドライバビリティも重要だということだろう。

次ページもボルボ製新エンジンについて