ラスベガスのアメリカ料理レストラン

こんなステーキ食べてみたい!

こんな塊肉のステーキを食べてみたい!

世界一のエンターテインメントシティ・ラスベガス。カジノやショーばかりではなく、この街には美食レストランだってたくさんあります! その中でも今回は、アメリカ料理、ステーキやハンバーガーショップなどを中心にピックアップしてご紹介します。

ラスベガスのホテル記事に「ホテルの料金は他のエリアに比べて非常に安い」と書きましたが、レストランの料金は、そんなことありません。残念ながらどちらかというと高めの印象です。こちらの記事では、予算高めの高級レストランと中級レストラン、リーズナブルレストラン、そしてファーストフードの4ランクに分けてご紹介します。

ラスベガスのレストラン基本情報

まずは、これだけは知っておきたいラスベガスのレストラン、基本情報から。

■予約
夏休みと冬休みの時期は、ラスベガスもとても込んでいますので、高級レストランでのディナーは予約をした方が無難です。予約は、電話やホテルのコンシェルジュを通して、またはインターネットですることが可能です。英語に自信がない人は、インターネットでの予約がおすすめ。英語サイトであっても、ほとんどの場合時間と人数など簡単なインフォメーションを入れるだけなので、電話で誰かと話すよりは簡単に予約ができます。ちなみに、ラスベガスのほとんどのホテルでインターネット利用が有料。ですから行きたいところが決まっている場合は、日本出発前に予約を。

■ドレスコード
ラスベガスのレストランは、ほとんどの場合ドレスコードがありません。Tシャツと短パン、サンダルでも、基本的に断られることはありませんが、高級レストランに行く時は、それなりの格好をして行くことをおすすめします。

■チップ

レストランでは必ずチップが必要です。料金に10~20%プラスして払います。払い方は、アメリカはテーブルチェックが基本なので、現金の場合はそれを含めた金額をテーブルに置いておけばOK。クレジットカードの場合は、チップを書き込む欄があるので、そこにチップの値段を書き込み、チップ込みの料金を支払うか、チップの所には”0(ゼロ)”と書き、テーブルにチップ分だけ置いてお店を後にします。また、ファーストフード店の場合、チップは必要ありません。

■ハッピーアワー
アメリカのレストランにはハッピーアワーと呼ばれる時間があります。一般的に平日のディナータイム営業が始まってから2、3時間の場合がほとんど(17~19時ぐらい)。この時間帯、レストランの前に「Happy Hour」と書かれた看板が出ており、ハッピーアワーの内容が書かれています。お酒や前菜などが半額になることが多いので、この時間のディナーはお得です。