昆明のホテル事情

intercon

インターコンチネンタル・クンミン(InterContinental Kunming)のロビー。2013年8月にオープン。低階層の部屋を主体とする都市型リゾートホテル。

中国有数の観光拠点なのにもかかわらず、昆明でホテル事情が良くなってきたのはここ数年のこと。この2年で外資系ホテルチェーンのオープンが続いており、今後も続きそうです。

ホテル価格

メーデーや国慶節、春節といった中国国内の大型連休を除いては、昆明のホテルは比較的安い価格が維持されています。それなりに快適に過ごせるホテルなら300~400元程度、安いところでは、バックパッカー御用達の格安ホテル「駝峰国際青年旅舎(Kunming The Hump Youth Hostel)」があり、ドミトリーなら35元からあります。

一方、最も快適に過ごしたいのならば、いま昆明で最もゴージャスな「インターコンチネンタル・クンミン(InterContinental Kunming)」がおすすめで、1泊1300元前後となっています(2014年4月現在)。

伝統的なホテル

cuihu

昆明翠湖賓館(Green Lake Hotel)の外観。振り向けば美しい翠湖が堪能できるロケーション。

昆明で最も知られているホテルは「昆明翠湖賓館(Green Lake Hotel)」です。昆明市内で最も環境が良い場所で、代表的観光地である「翠湖」のほとりに立地することに加え、外資系ホテルチェーンがオペレーションを担当していることから設備・サービスともに行き届いており、長らく昆明を代表するホテルとして君臨してきました。

しかし近年、立て続けに外資系ホテルチェーンが進出。翠湖賓館を脅かす存在になってきています。

外資系ホテルチェーン

whindom

ウィンダムの客室。シンプルで清潔、快適。旅の疲れをいやすには最高のホテル。

外資系の代表格が上述の「インターコンチネンタル・クンミン」です。シティホテルの割にはリゾートホテルの要素が強く、長期滞在に向いているのかもしれません。立地も街の中心からやや離れています。

外資系ホテルチェーンは他にも「ウィンダム(Wyndham Grand Plaza Royale Colorful Yunnan Kunming)」があります。ここは中心地にアクセスしやすい立地で、さらに「南亜風情園」という、昆明で最も成功している複合商業施設があることから非常に便利です。

今後も「ヒルトン」などいくつかの外資系ホテルチェーン進出のうわさがあり、昆明のホテル事情は劇的に改善されていくでしょう。

中国系ホテルチェーン

goldene

昆明金鷹広場酒店の客室。中国系らしくゴージャスなデザインだが、機能性が高く快適に過ごせる。

中国系チェーンの中にも、おすすめできるホテルがあります。それは「昆明金鷹広場酒店(Golden Eagle Summit Hotel Kunming)」といい、街の中心地「南屏街」からほど近い場所に立地。そして部屋のデザイン、設備がかなりしっかりしています。外資系ホテルチェーンに比べてサービスはやや劣りますが、その分価格も抑えめとなっています。

<DATA>
駝峰国際青年旅舎(Kunming The Hump Youth Hostel)
住所:金碧路金馬碧鶏広場
TEL:0871-364035
料金:35元~(ドミトリー)、165元~(シングル)

■昆明洲際酒店(InterContinental Kunming)
住所:西山区怡景路5号
TEL:0871-63188888
料金:1300元~

■昆明翠湖賓館(Green Lake Hotel)
住所:五華区翠湖南路6号
TEL:0871-65158888
料金:1100元~

■ウィンダム(Wyndham Grand Plaza Royale Colorful Yunnan Kunming)
住所:西山区テン池路569号(テンはさんずいに眞)
TEL:0871-68177777
料金:1200元~

■昆明金鷹広場酒店(Golden Eagle Summit Hotel Kunming)
住所:五華区青年路威遠街168号
TEL:400-063-8899
料金:750元~

※2014年4月現在

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。