華やか簡単!いちごのレアチーズケーキ

所要時間:60分以上

カテゴリー:チーズケーキレアチーズケーキ

 

重ねるだけで簡単にできる、いちごのレアチーズケーキ

レアチーズケーキ部分に刻んだいちごを入れ、ストロベリーソースをかけた華やかないちごのレアチーズケーキ。旬のいちごをたっぷり使用した、オーブンを使わず冷蔵庫で冷やすだけで簡単にできるレシピです。

これからの季節のおもてなしにも映えるケーキ。パーティーのスイーツにも、ぜひお試しください。

いちごのレアチーズケーキの材料(15cm丸形1台分

いちごのレアチーズケーキ
いちご 2/3パック
クリームチーズ 200g
ヨーグルト 150g
砂糖 70g
粉ゼラチン 6g
レモン汁 大さじ2
ビスケットベース
ビスケット 50g
バター 30g
ストロベリーソース
いちご 1/3パック
砂糖 30g
粉ゼラチン 3g

いちごのレアチーズケーキの作り方・手順

いちごのレアチーズケーキ

1:ビスケットを砕いてバターと混ぜる

ビスケットを砕いてバターと混ぜる
ビスケットをフードプロセッサーに入れ、こまかくサラサラの状態になるまで撹拌します。電子レンジで溶かしたバターを加え、さらに全体がよく馴染むように撹拌します。

2:ビスケットベースを作る

ビスケットベースを作る
ケーキ型の底に円形に切ったキッチンペーパーを敷いておきます。スプーンの背を使い、ビスケットが全体に平らになるように押し付けながら、ケーキ型の底に敷き詰めます。

3:粉ゼラチンをふやかす

粉ゼラチンをふやかす
粉ゼラチン6gは大さじ2の水(左)、粉ゼラチン3gは大さじ1の水(右)にそれぞれふり入れ、ふやかしておきます。

4:刻んだいちごを散らす

刻んだいちごを散らす
ビスケットベースの上に、1/3パックのいちごを6等分に刻み、均等に散らします。

5:クリームチーズ、ヨーグルト、砂糖、レモン汁にゼラチンを加える

クリームチーズ、ヨーグルト、砂糖、レモン汁にゼラチンを加える
ふやかした粉ゼラチン6g分を600wの電子レンジに20秒かけ、溶かします。フードプロセッサーにクリームチーズ、ヨーグルト、砂糖、レモン汁を入れ、滑らかになるまで撹拌します。
溶かしたゼラチンを加え、さらに全体が均等に混ざるまで撹拌します。

 

6:レアチーズケーキを型に流して冷やす

レアチーズケーキを型に流して冷やす
レアチーズケーキの生地をケーキ型に流し入れ、冷蔵庫で約30分冷やします。

7:ストロベリーソースを作る

ストロベリーソースを作る
フードプロセッサーに1/3パックのいちごと砂糖を入れ、液体状になるまで撹拌します。ふやかしておいた粉ゼラチン3g分を600wの電子レンジに20秒かけ、とかします。溶かしたゼラチンを加え、さらによく撹拌します。

8:ストロベリーソースを重ねて冷やす

ストロベリーソースを重ねて冷やす
レアチーズケーキが固まったことを確認してから、ストロベリーソースを上に流します。冷蔵庫でさらに30分、固まるまで冷やします。型から抜く時は、型の周囲に熱い蒸しタオルなどをあてて温めると型から抜きやすくなります。食べる直前に残りの1/3パックのいちごを飾って出来上がりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

このケーキはフードプロセッサーがなくても作ることができます。ビスケットはビニール袋に入れて細かく砕いたものに溶かしバターを加える、クリームチーズは泡立て器で混ぜ、ストロベリーソースは細かく刻んだいちごと材料を耐熱容器に入れ、電子レンジで加熱してください。レアチーズケーキとストロベリーソースの2層のおいしさが味わえるケーキです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。