4月初旬、私はフランスを訪れていました。場所はリヨン、そしてパリ。お花いっぱいの街を歩きながら、楽しいイースターのチョコレートたちにたくさん出会いました。今回は写真を中心に人気ブランドや街のイースターのチョコレートたちをご紹介しますね。

Patrick Roger
パトリック・ロジェ(パリ)

サンジェルマン店の扉をあけると、大きなチョコのオブジェが迎えてくれました!
パトリック・ロジェのイースターの大きなオブジェ

イースターのビッグオブジェ!

チョコレートの鶏がチョコレートの卵を産んでいます。隣には親子のカエルたちが。
実際の卵を使っています

実際の卵を使っています

ディスプレイも卵そっくり。中身はプラリネのチョコレートですよ。
鳥のようなカエルのようなイースターエッグ

鳥のようなカエルのようなイースターエッグ

色々なイースターエッグが並ぶ中、私はこの子に一目惚れ!カエルのようで鳥のよう?目が釘付けになってしまいました!クリエイティブなチョコレートが並ぶ店内で、アート鑑賞気分でイースターを愉しめます。

JEAN-CHARLES ROCHOUX 
ジャン=シャルル・ロシュー(パリ)

ジャン=シャルル・ロシューは、一見お花屋さんのよう。
ジャン=シャルル・ロシュー

パリ6区にあるジャン=シャルル・ロシュー

ショーウィンドーをのぞいてみると??
精巧につくられたリスのチョコレート

精巧につくられたリスのチョコレート

卵のチョコレートと、金のドングリを抱いたリスのチョコレートが!さらに・・・
見ざる聞かざるチョコレート?!

見ざる聞かざるチョコレートを発見!

見ざる聞かざるチョコレートを発見してしまいました。こうなってくるとやっぱり・・・
言わざる!

言わざる!

言わざるを探し、そして発見してしまった私なのでした(笑)

Jacques Genin  
ジャック ・ジュナン(パリ)

パリへ行くと毎回こちらのサロンに立ち寄り、ショコラをいただきながらティータイムを過ごします。
いつも楽しいディスプレイ

いつも楽しいディスプレイ

店内に入ると、ずらりとイースターエッグのチョコレートたちが!
ホノルルをテーマにしたカラフルなイースターエッグ

ホノルルをテーマにしたイースターエッグ

中でも目をひいたのは、ホノルルというシリーズの南国を思わせるカラフルなペイント。大小様々、彩りも個々に違います。
シックなイースターエッグ

シックなイースターエッグ

反面シックで美しいイースターエッグも。白いリボンの形もきれいです。

>>次のページではリヨンのショコラトリー「ベルナシオン」「フィリップ・ベル」のイースターエッグをご紹介します。