パナソニック2014はSLIDING NATURE

ミラノ大学構内で4月7日から始まったINTERNI Feeding New Ideas for the Cityの展示会場にPanasonicが7年連続で出展した。
ミラノサローネレポートVOL.2ではこのインスタレーションの概要をレポートします。

panasonic

SLIDING NATURE 2014


 
SLIDING NATUREのコンセプトである住環境と自然が融合した呼吸する方形の家をイメージした空間展示は、4本の鉄骨脚に支えられた6m角の大屋根と各辺を三分割と二分割にした大きな引戸から構成されている。

panasonic

SLIDING NATURE 2014


 
panasonic

SLIDING NATURE 2014


 
この大屋根の中にはプロジェクターとLED照明が組込まれ、会場に流れる音楽とシンクロしながら、オブジェクトを取り囲む四方の引戸が、時には規則正しく、時には不規則に動く。家の天井を照らす映像と、庭を囲む回廊の1階と2階に配置された120台のシンクロ調色LED照明器具、そして庭に散りばめられた175個のLED電球、それらが互いに呼応し、幻想的なさまざまな住環境の表情をつくりだしている。

従来のPanasonicのインスタレーションでは静的な空間展示の中に映像投影をして動きを表現していたが、今年のインスタレーションではオブジェクトを構成する大型引戸そのものが動的に住環境を表現するため、伝統の開放空間を尊重する日本建築が、ミラノ大学の閉じられた回廊空間の中庭で息づく様が、非常に面白い効果をうみ出している。

panasonic

SLIDING NATURE 2014


 
interni

夜間のインスタレーション・照明が点灯されると来場者から万雷の拍手がわき起こった!(Photo by Satoshi Shigeta)


 
また、会場入り口には面発光LED照明器具「パネルミナ」のペンダントライトを50台配置。新企画のWIRING DEVICEによるインタラクティブな調光を提供している。

panasonic

Panasonic NEW WIRING DEVICE


 
interni

WIRING DEVICEで回廊の照明が様々に変化する(Photo by Satoshi Shigeta)


 
また2階の回廊会場では、欧米のBtoBビジネスユーザーを対象としたキッチン部材などに関する展示をおこなって海外市場のニーズを把握しようとしている。

panasonic

パナソニックのBtoB商材


 
panasonic

パナソニックのBtoB商材


 

会場では、今回の設計を担当したトラフ建築設計事務所の禿(かむろ)取締役と展示責任者のパナソニックデザインセンターの足立チームリーダーからお話を聞くことができた。

panasonic

トラフ建築設計事務所禿取締役


 
panasonic

パナソニックデザインセンター足立チームリーダー


 
戦後の日本住宅では開き扉が全盛であったが、最近の市場では「引戸」と言う日本の住空間に復活しつつある。引戸という建築部材の概念を欧米のマーケットがどのように捉えどのように提供できるかを考察し、どのように評価されるかが、Panasonicのブランディングの役割とともに重要であると考えている。
■今回のインスタレーションの詳細はPanasonicの特設サイトが公開されているので、併せてごらんください。

ミラノサローネレポートVol.1 も併せてごらんください。
◇掲載した写真はSatoshiShigetaの注記画像2点以外は、全て黒田がINTERNIの許可を得て撮影したものです。画像の転用は一切禁止します。

©Apr.2014 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。