ソーシャルコマースとは

ソーシャルコマースとは、自分の気に入った商品の写真を友達と共有して、気に入った商品が見つかればそのまま商品を購入することができるサービスです。同じように画像を共有するだけのソーシャルメディアもたくさんありますが、ソーシャルコマースの最大の特徴は掲載されている商品を購入できるというところにあります。

■Fancy(ファンシー)
2012年にアメリカで誕生したFancy(ファンシー)は、ウィル・スミスやカニエ・ウェストなどの著名人が愛用するサイトとして注目を集めています。また、GUCCIやAMEXなどの有名企業が出資し、Twitterの設立者ジャック・ドーシーがボードメンバーにいることからも、注目度の高さが分かります。現在、世界140カ国以上で1200万人が利用する人気サイトに成長したFancyには、世界中のおしゃれな雑貨やファッションアイテムの写真がたくさんあって、見ているだけでもわくわくします。
ハリウッドセレブも愛用しているというソーシャルコマースサイトFancy

ハリウッドセレブも愛用しているというソーシャルコマースサイトFancy


2013年2月に日本オフィスを設立して日本での展開を本格的にスタートしてからは、国内第1号として三越伊勢丹が公式ページを開設して、厳選された商品を販売。日本の伝統工芸品などを世界に販売するプラットフォームとしても活躍してくれそうです。提携企業の商品以外にも、著名人とコラボした定期購入サービス『Fancy Box』などが人気。友達でお金を出し合ってプレゼントできるギフトサービス『グループギフト』も提供しています。

■ユーザーにも還元される嬉しい仕組み
Fancyではアフィリエイトの仕組みが導入されていて、招待した友達が新規会員登録すると1人につき1ドル、さらに、自分が招待して会員になった友達が60日以内に商品を購入すると10ドルもらえるなど、ユーザーにも還元される嬉しい仕組みがあります。


では、実際にFancyを使ってみましょう