「上司」になってはいけない

初心を思い出して、彼の批判ではなく自分の気持ちを伝えましょう

初心を思い出して、彼の批判ではなく自分の気持ちを伝えましょう

簡単に言ってしまえば、男性へのタブー発言は、「ダメ出し」「ジャッジ」「比較」「命令」。

つまり「上司」目線になってはいけないのです。いろいろ言いたくなるのには、彼がどんどん甘えてくるから……というのも、よくあることです。でも、つき合う前は、お互いによそ行きの顔をして、少し、背伸びをしているもの。そこを考慮してあげて欲しいのです。

よく「夫を育てる」などという言い方をしますが、そもそも、どちらか一方だけが「育てる」という感覚を持つことも、私は、懸念しています。親をやってみるとわかることですが、親は実は、子どもから実にたくさんのことを学びます。つまり、「親として育ててくれるのは、子ども」なのです。

彼に対しても、「人間として成長させてくれているんだな」と、感謝の気持ちを持つことができれば、上から目線にばかりなることも無いはずです。

それでも、どうしても伝えるなら「注意しなきゃ」「育ててあげなきゃ」という、彼を変えようとする気持ちを抑えて、「そういうことをされると、私は悲しい気持ちになるの」と、自分の想いを伝えましょう。