総合力を大きくアップ

新型エクストレイル・リヤシート

後席も広く、とくに膝前スペースは先代よりも拡大されただけあって、ライバルよりもゆとりを抱かせる。短時間なら3人掛けもそれほど苦痛ではないだろう

ボディサイズが大きくなった恩恵で、膝前スペースが拡大された新型エクストレイル。今回新たに設定されたサードシートは乗降性、居住性からいってもエマージェンシーシートの域を出ないが、5人乗りならゆったり座れて、先代の479Lから550Lに拡大したラゲッジの広さを享受できる。

エクストレイルといえば、積載性の高さなどの使い勝手や4WD性能に惹かれて購入する人が多いはずだが、新型になりウィークポイントだったオンロードでの快適性を向上し、さらに荷室の広さなどを磨き上げているのは評価できるポイントだ。
新型エクストレイル・荷室

先代よりも少し大きくなったラゲッジ。床下にも大きなスペースがあり多彩な使い方ができるラゲッジボードなど実用性の高さは健在だ

今回はオフロードを走る機会はなかったが、オールモード「4×4-i」やヒルスタートアシスト、ヒルディセントコントロールなど4WD性能は健在で、さらにハンドリングや直進安定性を高めたことで、全体的な洗練度を増している。

3列目シートも設定した新型エクストレイルは、ディーゼルエンジンを擁するCX-5や280psの直噴ターボを擁するフォレスターのような飛び道具はないにしても、ライバルに対抗しうる総合力を備えているのは間違いない。


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。