目を奪われるほど美しい真っ白な砂漠
ホワイトサンズナショナルモニュメント

風の模様が美しいホワイトサンズ

風の模様が美しいホワイトサンズ

ニューメキシコ州にある真っ白な砂漠(ホワイトサンズ)。広さは、東京の3分の1! その60%が軍の施設として使われていて、残りの約40%がナショナルモニュメントとして一般に公開されています。ここは昔、海の底で、石膏を始め、たくさんの沈殿物が蓄積されていました。それが、地殻変動により隆起し表面に現れ、白い石膏の砂漠を作り出しました。

アクセス

最寄りの国際空港はテキサス州のエルパソです。ここからは車で約1時間半。エルパソからホワイトサンズの最寄りの町のアラモゴードまでグレイハウンドバスがありますが、そこからホワイトサンズまでは、タクシーを利用するしか行く方法はありません。

観光の中心はデューンズドライブ周辺

デューンズドライブ周辺には、ニューメキシコの花ユッカが生えている

デューンズドライブ周辺には、ニューメキシコの花ユッカが生えている

観光ルートは、デューンズドライブと呼ばれる片道約12kmの道路1本のみ。ほとんどが未舗装ですが、砂が完全に固まっているので、揺れることも、砂にタイヤを取られることもなくスムーズに運転することができます。

デューンズドライブ沿いにたくさんのパーキングがあり、そこに車を停めて、そり遊びをしたり、ピクニックをしたりするのがホワイトサンズでの遊び方。パーキングから、砂山を登ぼり、周りを見渡すと、デューンズドライブ沿いよりも、もっと真っ白で綺麗な世界が広がっています。

前を見ても後ろを見ても、右を見ても左を見ても、全てが真っ白。唯一色があるのは空だけ。真っ白な砂と青い空の対比が、素晴らしく、何時間でもそこに居たくなります。

 

ホワイトサンズでのトレッキング

オレンジ色が目立つトレイルの目印

オレンジ色が目立つトレイルの目印

真っ白の世界をトレッキングするのもホワイトサンズの遊び方の1つ。パーキングの近くにいれば危険なことはありませんが、中に行けばいくほど、目印がなくなり、前も後ろも分からなくなってしまいます。そのため、長時間のトレッキングは、決められたトレッキングルートのみで楽しむことができます。

ホワイトサンズの中にはトレイルが3つあります。トレイルと言ってもはっきりとした道が整備されている訳ではなく、砂漠の中を歩いて行きます。おすすめは、デューンズドライブの最終地点から出発するアルカリフラットトレイル。1周約4時間のループトレイルです。

 

トレイルの中に行けば行くほど白と青のみの世界になる

トレイルの中に行けば行くほど白と青のみの世界になる

トレイルには目印のポールが立てられていて、それをたどって歩いて行きます。この際の注意点は、必ず前と後ろのポールを確認しながら歩いて行くこと。風などでポールが倒れていることもありますが、1つ倒れていても、大体2つ、3つ先まで見えますので、次の目印が確認できたら進みます。見つからなくなったら、危険なので、進むのをやめ、帰った方が無難です。

ホワイトサンズ周辺は、1年中気温が高いので、トレッキングをする時は十分なお水を忘れずに。

<DATA>
White Sands National Monument(ホワイトサンズナショナルモニュメント)
料金:1人3ドル
時間:8時~サンセット
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。