ママもうれしい、インテリア雑誌にも常連の科学絵本『はじめての発見』

図鑑や科学絵本が好きなのは、虫や乗り物マニアの男の子、もしくは勉強をさせたいお母さん、と思っていませんか? でも、男女問わず子どもにも親にも人気の科学絵本があるのです。それが、フランス生まれの『はじめての発見』シリーズ。フランスでのシリーズ刊行後、世界31ヶ国で翻訳されたベストセラーです。

20cmに満たないほぼ正方形という手に取りやすいサイズ、絵本にしては珍しいリング式、リアルなのにシックな色味のイラストと、物としての雰囲気も抜群。そのせいか、フランス語版や英語版は、よくインテリアの雑誌などでも見かけます。

ちょっと開けば自立するハードカバーなので、普通の本棚でも表紙を見せて置けるのも魅力の一つ。やはり子どもは表紙の見ているものに手が伸びますよね。全部で50冊のシリーズなので、お子さんの興味に合わせて、季節によって、表紙を見せて置くものを代えてみてはいかがでしょうか。

小さな絵本に多くの工夫! 透明シートをめくる楽しさ

この「はじめての発見」シリーズの最大の特徴は、絵本に施されたしかけ。随所に透明シートが挟みこまれていて、それをめくるとガラリと絵が変わり、別の世界が広がるようになっているのです。
樹のページ写真1

はじめての発見『樹の本』の1ページ。樹に鳥がとまっていますが、透明のシートをめくると……

樹のページ写真2

生い茂る葉・樹皮・根っこに、動物や虫など様々な生き物たちを見つけることができます

美しいイラストはリアルに細部まで描き込まれており、そのジャンルに初めて出会う小さなお子さんも、小学校の中・高学年でも、充分楽しめます。

また、ついしかけやイラストに目を奪われがちですが、きちんと文章を読んでみると、各ページの説明が丁寧になされているのが分かります。時には「分かりますか?」「見つけてみましょう」などの質問が投げかけられることも。

樹の比較ページ写真

大きさ、形、色で、樹を見わけられるかな?
 

ぼんやりとイラストを見ていた子どもたちも、そこでハッとしてもう一度本の世界に入り直すことができます。

しかも全50巻の内容は、『恐竜の本』『でんしゃの本』といったオーソドックスなものから、『風の本』『インターネットの本』『さわる・五感の本』など意外性のあるものまで、多岐に渡り、興味のあるものに巡り合いやすくなっています。

今まで見たことのなかったこと、もっと知りたくなってしまった好きなことを、気軽に楽しみながら学ぶことのできる『はじめての発見』シリーズ。ちょっとしたプレゼントなどにもぜひどうぞ。


岳陽舎HP:はじめての発見シリーズ全50冊の一覧がご覧になれます。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で図鑑を見る

Amazonで図鑑を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。