笑顔呼び込む「日本一の大フクロウ」

鷲子山上神社大フクロウ

鳥居の間から可愛い顔がのぞいています

そして数あるフクロウの像の中でも一際目を引くのが、台座を含めて全高7メートルもの大きさの「日本一の大フクロウ」です。金色に光輝く丸くて大きな姿は「フクロウだるま」の愛称でも呼ばれています。

台座の中心には「不苦労御柱(おんばしら)」と呼ばれる柱があり、こちらを3回叩くと苦労や悩みが叩き出されて、代わりに金色のフクロウが福を運んできてくれるとのこと。早速叩いてみたところ、一打ちごとにカーン、カーン、カーンと心地よい音が響き渡り、気分もスッキリ。最後に柱にギュッと抱きついて参拝終了です。恥ずかしがらずに、元気に楽しくやるのがコツです。

その他にも苦労を水に流すという「水掛けフクロウ」や往復で2×96(=フクロウ)段になっている「フクロウの石段」など、フクロウにちなんだ楽しいものがいっぱいで、それらを一つ一つ体験しながら境内を散策していると、自然と笑みがこぼれてきます。
鷲子山上神社大フクロウ

全高7メートルの「日本一の大フクロウ」。鷲子山上神社のマスコット的存在

鷲子山上神社不苦労御柱

不苦労御柱。幸せを願ってギュッと!

開運の秘訣は笑顔にあり

これらのフクロウにちなんだユーモアあふれる参拝方法の数々は宮司ご夫妻のアイデアによるもの。

「お参りに来た皆さんに笑顔で楽しんでもらえたら嬉しい」と宮司夫人で権禰宜の長倉澄子さん。金色の大フクロウ像も子供たちに楽しくお参りしてもらえるものをと平成20年の鎮座1200年を機に建立したもので、今では子供たちのみならず大人たちにも親しまれる、鷲子山上神社の新しいシンボルとなりました。

それぞれの願いを実現させた方々が笑顔でまたお参りに来てくださることが、長倉さんにとって一番の喜びとのこと。やはり笑顔こそ元気の源、開運の秘訣。

最近ではフクロウをきっかけにして、鷲子山上神社のある栃木県那珂川町とフクロウをシンボルとする東京都豊島区との間で観光交流都市協定が結ばれるなど、フクロウがまた新たな御縁を運んできてくれました。

フクロウの御山は、今日も沢山の笑顔が溢れています。
鷲子山上神社県境御守

この神社ならではのユニークな「県境御守」。二県を仲良く取り結ぶ神様にあやかって良縁祈願を

<DATA>
■鷲子山上神社
住所:栃木県那須郡那珂川町矢又1953
TEL:0287-92-2571 
ホームページ:http://www.torinokosan.com/
地図:Yahoo!地図情報

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。