離婚直後の接し方の誤解

最近は離婚する方たちも多くなったので、あなたの周りにもバツイチがいるかもしれません。もし自分がバツイチでない場合には、きっとこう思うはず。

バツイチの人にはどう接すればいいの?

違う態度をとると、うざいと思われてしまうかも

離婚直後の人にいつもと違う態度をとると、うざいと思われてしまうかも

これが意味するのは、バツイチの周りの人の「離婚直後緊急体制」です。つまり、離婚直後の人に対しては特別な扱いをしようとしてしまうのです。確かに、離婚をするときには心に傷を負うので、かける言葉にも気を遣います。接し方もわからないでしょう。だからこそ「寂しいのではないか」「傷ついているに違いない」「経済的に大丈夫なのか」と腫れ物に触れるかのように接します。

でも、こういった周りの態度に対して、当の本人はどう感じるのかというと、一言でいうと「うざい」です。

離婚直後は寂しさはほとんどない

寂しいのではないかと思って、やたら優しくしたり、ショッピングや食事に誘うのは、あまり好ましくありません。離婚直後は気持ちもまだ落ち着かないこともあって、ひとりの時間を持ちたいと考えるからです。それを邪魔されるのは本人にとってとても嫌なことに違いありません。寂しくないから、まずはひとりにさせて!というのが本音なのです。ということは、できるだけひとりの時間を持たせるようにするのが、離婚直後の優しさになります。

傷ついているのは当たり前

離婚をして傷つかない人はいません。だからといって、周りの人が変によそよそしい態度をとったり、いつもと違う接し方をすると、余計傷ついてしまいます。たとえば、「辛いよね」と言葉にしなくても目がそう語っているときもあります。そう思うのは優しさからかもしれませんが、離婚をした人にとっては、その目が辛いと思うこともあるのです。一番いいのは、離婚前と同じ態度をとることなのです。

経済的不安がないわけない

離婚後には経済的な問題も発生します。特に女性の場合には、それまで夫の給料で生活を支えていたということもありますから、離婚後は自分がしっかり働いて生活をしていかなければなりません。そういう大変さは、本人が一番よくわかっていますし、そもそも経済的不安については離婚前から考えているはずです。

それにもかかわらず、周りの人が心配をしてしまうのは、本人にとっては「そんなことわかってる!」と言いたくなるようなことです。特に離婚直後は色々な整理をしている段階なので、そっとしておくのがいいでしょう。

経済的な問題は、お金の貸し借りが関係してくる可能性もあります。離婚直後だから同情して貸してしまうのも危険です。その後の付き合いなどを考えたときも、経済的な支援は慎重に行うことが大切です。


【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。