昭和末期から平成にかけて再開発実施、
街の風景は大きく変わった

町屋駅周辺

写真右手に東京メトロ千代田線、中央に京成線、左に都電荒川線が見える。右手は再開発で生まれた飲食店ビル(クリックで拡大)

町屋は東西に細長い荒川区のちょうど中央に位置し、京成線、東京メトロ千代田線、都電荒川線(都電の駅名は町屋駅前停留所)が交差する区の商業の中心地です。東京の地名由来辞典(東京堂出版)によると、地名の由来には2説あり、早くから開けて町場化していたからとも、良質な土が取れたからとも言われており、判然としません。しかし、江戸時代にはすでに賑わう場所だったようで、そのためか、逆に長らく、昔ながらの低層、老朽化した木造家屋が密集、狭く、折れ曲がった路地が残されていた地域でもありました。

 

再開発の建物

手前がタワーマンション、マークスタワー。奥がセンターまちや。いずれも再開発で生まれた。真ん中の通りがメインストリート、尾竹橋通り(クリックで拡大)

そこに再開発の計画が持ち上がったのは昭和56年。この地域を都電荒川線、京成線、幹線道路である尾竹橋通りで東、西、中央、南、北の5ブロックに分け、整備していくことが決まったのです。そのうちでも早かったのが昭和62年の西地区、同63年の東地区で、平成になってからは8年、9年に中央地区の2棟、そして平成18年には南地区にタワーマンションが建設され、現在は一段落した状態。当初の予定では北地区も対象エリアとなっていたのですが、ここでは平成17年に準備組合が解散してしまい、今後については未定です。行政としては不燃化を促進したい考えのようですが、現時点ではなんともいえないようです。

 

大型店もあるが、個人店の多い商店街も
街中には銭湯、町工場に猫

銭湯

再開発ビルが背後に見えるほど、駅に近い場所にある銭湯。コインランドリーを併設しているところが多い。床屋も多い地域だった(クリックで拡大)

さて、駅前については近代的なビル、タワーの並ぶ町屋ですが、街中を歩いてみると昭和の下町の風情が色濃く残ります。まず、目につくのが銭湯の煙突。平屋の古い一戸建て、風呂無しのアパートなども残っていることからすると、利用者もまだまだいらっしゃるのでしょう。実際、荒川区では70歳以上を対象に、200円で銭湯に入れるというサービスを行っており、ニーズがあることが分かります。

 

母と子

2人、3人と子どもを連れたおかあさんの姿が目に付いた(クリックで拡大)

当然ですが、高齢者を見かけることも多いのですが、一方で子育て世帯の姿が少ないわけではありません。駅周辺を中心に若い世代も増えているのでしょう、ベビーカーを押したり、自転車に2人の子どもを乗せて走るおかあさんの姿も目につきました。

 

物価の安さ

ワンコインでランチが食べられるどころか、もっと安い商品も少なくない。恐るべし、下町(クリックで拡大)

赤札堂、グルメシティ、コモディイイダ、新鮮市場などといったスーパーに加え、個人商店も多く、かつ物価の安さには驚くばかり。生鮮食料品、衣料品から飲食店の価格までが下町価格というのでしょうか、どれも安く、暮らしやすそうです。

 

味噌専門店

最近ではほとんど見かけなくなった味噌専門店。昔ながらの店構えが残っている(クリックで拡大)

また、個人商店の中には味噌や履物、餅菓子、刃物などを扱う、新しい街にはない業種も多く、古くから栄えてきた街であることを彷彿とさせます。駅周辺を中心にスナックや居酒屋なども目につきました。

 

町工場

住宅とほぼ同じくらいのサイズの、小さな工場が多く、気をつけてみていないと気がつかないくらいだ(クリックで拡大)

駅前から少し離れると、小さな町工場も点在しています。すでに営業をしていないような場所もあり、廃墟となりつつある風景も。住宅についても同様な場所があり、このあたり、行政の取り組みその他が必要なのかもしれません。

 

公園の猫

京成町屋駅の東側にある公園では何匹も猫を見た。どうやら野良ではなく、飼い猫らしい(クリックで拡大)

個人的には猫の多さも目につきました。この周辺にはそれほど大きな公園はないのですが、小さな公園の遊具の回りでのんびり寝そべる猫、住宅の入口で何匹もが丸まっている姿などを見かけ、なんとなく、ほっとした気分に。街全体の、のんびりした雰囲気を表しているようでもあります。

 

続いて京成線、東京メトロ千代田線町屋駅周辺の住宅事情を見ていきましょう。