シンガポールの博物館&美術館
コロニアル建築が彩るエリアでゆったりとミュージアム巡りを

説明画像

建物自体も貴重なシンガポール国立博物館。白亜のコロニアル建築物はシンガポールらしい雰囲気に彩りを添えてくれます。緑も多く気持ちのいいエリアでミュージアム巡りを楽しみましょう

MRTドービーゴート駅からシティホール駅の間のエリアには、シンガポールの中でも美術館や博物館が集まっていることで知られています。また、緑豊かな植物園、フォートカニングパークやアート系を含めた2つの大学もこのエリアにあり、シティエリアの中心地オーチャードから徒歩圏内にありながら、アカデミックでゆったりとした雰囲気に包まれているものもいい感じ。コロニアルな建物が、いかにもシンガポールらしい風情を感じさせてくれるエリアをゆっくりとお散歩しながら、立ち寄ることができる美術館や博物館をご紹介します。

シンガポール国立博物館

説明画像

シンガポール国立博物館は旧館と新館それぞれの個性をもつ建物を併設。建物内部の見学だけなら無料

まずは、MRTドービーゴート駅からほど近い場所にあるシンガポール国立博物館へ。19世紀に建てられたビクトリア様式の建物と、現代風の新館からなる、シンガポール国内で最大の博物館です。館内では、シンガポールの歴史やライフスタイルの歴史がわかる展示やビデオ上映などが行なわれています。私のおすすめはライフスタイルギャラリー。シンガポールのライフスタイルに触れられる楽しい展示があり、特にローカルフードに関する展示が興味深い。シンガポールの食文化の成り立ちや歴史を知ってから、ホーカーへ出かけてみると、よりシンガポールの食文化に興味がわきますよ。ショップも充実していて、個性的なグッズや写真集などが手に入るのでこちらもおすすめです。

<DATA>
■National Museum of Singapore
住所:93 Stamford Road
TEL:(+65)6332-3659
開館時間:Singapore History Gallery10:00~18:00(17:30最終入館) Singapore Living Galleries10:00~20:00(最終入館19:30、18:00~20:00は入館無料)
休み:なし
料金:10シンガポールドル
アクセス:MRTドービーゴート駅から徒歩約5分

プラナカン博物館

説明画像

雰囲気も歴史もある建物のプラナカン博物館。周辺には小さなギャラリーも

シンガポールならではのプラナカン文化について、豊富な展示で楽しめるのがプラナカン博物館。1912年に建てられた学校を利用した建物は、こちらも白亜のコロニアルな雰囲気満点。博物館1階には外来者も利用できるショップと小さなカフェが併設されていますので、お散歩がてらちょっとお茶休憩にも利用できそう。また、プラナカン博物館のあるアルメニアンストリートには、小さなギャラリーやプラナカン料理店などもありますので、こちらも興味のある方は覗いてみてはいかがでしょうか?

詳細はこちら>>>プラナカン博物館

<DATA>
■Perenakan museum
住所:39Armenian Street
TEL:6332-7591(+65)
開館時間:10:00~19:00、金のみ10:00~21:00
休み:なし
料金:大人6シンガポールドル(アジア文明博物館との共通券は11シンガポールドル)
アクセス:MRTドービーゴート駅から徒歩約5分

シンガポール美術館

MRTドービーゴート駅からも徒歩10分ほど。MRTブラスバサ駅からすぐの場所にあるのは、シンガポール美術館。1855年にミッションスクールとして建てられた建物を利用しています。こちらでは、近現代の東南アジアのアーティスト作品を多く展示。若手アーティストの企画展示なども行なっていますので、アート好きの方にもおすすめです。別館のSAM at 8Qではファッションやデザインに注目した展示なども行なわれています。美術館には、ショップやレストラン、カフェも併設されていて、特にレストランやカフェは雰囲気がいいので、ディナーやランチスポットとして利用するのもおすすめ。シンガポールらしい優雅な時間を過ごせます。

<DATA>
■Singapore Art Museum
住所:71 Bras Basah Road
TEL:6332-3222(+65)
開館時間:10:00~19:00(最終入館18:15)、金曜のみ10:00~21:00
休み:なし
料金:10シンガポールドル、金曜日の18:00~21:00とオープンハウスデーは入場無料
アクセス:MRTブラスバサ駅からすぐ


その他、1990年に現代アートセンターとして設立され、刺激的なパフォーマンスなどが見られるザ・サブステーションや、シンガポールの切手などの展示を行なうシンガポール切手ミュージアムなどもこのエリアにあり、合わせて訪れることができます。また、シンガポール国立博物館やシンガポール美術館などは夜に入館すると無料になります。建物がライトアップされたり、レストランが併設されているところもありますので、夜のお散歩も雰囲気があっていいのではないでしょうか?

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。