雲南のネット事情

wifi1

昆明のとあるカフェ。外国人でも十分くつろげる店が少なくない。

雲南省は、ネット接続すらままならない山岳部や農村部もありますが、たいていの場所でネットに接続できます。昆明や麗江、大理、香格里拉(シャングリラ)といった大都市や有名観光地ならば、日本以上に自由にWi-Fiが使用できる環境にあります。

公共の場所

wifi2

2012年にオープンした昆明長水空港ではWi-Fiが無料で使える。

昆明長水国際空港はWi-Fiが無料で使えます。他の国際空港同様、携帯やパソコンなどを通じてログイン登録する手間はありますが、待ち時間が多くなりがちな空港では非常に便利です。

ホテルも、ランクの高いところならWi-Fiが使えます。そのまま接続できるケース、パスワードをスタッフに聞いて接続するケース、ネット上で登録して接続するケースがあります。ネット上で登録して接続するケースの場合、宿泊客でないとダメなことがあります。

 

カフェ、レストラン

wifi3

麗江の古城内にある有名なカフェ「prague cafe」も当然Wi-Fiフリー。

昆明には個人経営のカフェがたくさんあります。そこではたいてい無料でWi-Fiが使えます。そのほとんどがパスワードを必要としますが、お店の人に「wifi password?」と尋ねればすぐに教えてくれます。親切な店員なら、携帯やパソコンを見せるだけでパスワードを打ち込んでくれるでしょう。

カフェのほかにも、サービスの良さそうなバーやレストランなどでもWi-Fiが無料で使える場合が多いです。

昆明以外でも、有名な観光地ならたいていカフェやバーがあり、その多くの場所で無料Wi-Fiが使用できます。

 

電源の使用

雲南のお店は、客が店の電源を使用することに対して非常に寛容です。カフェでパソコンや携帯の充電をすることは、ほとんど基本的な権利となっています。普通のレストランですら、店員にひと声かけるだけでコンセントを使わせてもらえる場合がほとんどです。

パソコンやスマートフォンのACアダプターは国際標準となっているのでしょうか、日本の機器であっても変圧器は必要ありません。プラグもそのまま使用できます。

面倒な点

以上のようにWi-Fi環境は日本以上といえるのですが、難点もあります。まず、通信速度がやや遅いことです。動画を見たり、大きなファイルを送受信したりするときなどは、ちょっとイライラさせられます。

もう1つの難点は、中国政府の規制によって閲覧できないサイトがあることです。フェイスブックやツイッター、ユーチューブがその代表格です。

さらに言うと、スターバックスなど1部のお店では中国の携帯がないとWi-Fiが使えません。というのは、登録時のパスワードをゲットするために携帯電話からのメール受信が必要となるからです。

まとめ

総じて言えば、雲南でネットを使用することに大きな困難はありません。むしろ、日本より便利な場合も多いほどです。頻繁にネット接続する人でない限り、「海外Wi-Fiルーター」などをレンタルする必要はないと言えるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。