売却を検討し始めたらまずは無料査定?

satei

無料査定で物件の価格が分かるとは限りません

不動産の売却を検討した時、一番最初に行うことはなにかというと、物件の査定をしてもらいいくら位で売れるのかを把握することから始めます。

その際、当たり前のように利用するのが、不動産会社各社が積極的に行っている「無料査定」になるかと思います。しかし実際は、本来の意味での査定になっていないことが多いのが現状です。

不動産会社が悪いことをしている訳ではありません。ただ、査定という言葉が与えるイメージと、実際行われている「無料査定」との間に差があることは事実です。まずは「無料査定」について正しい認識を持つことから始めましょう。

無料査定=売主予備軍を集める手段

査定というのはそもそも手間のかかるもので、調査にはそれ相応の費用と労力がかかります。そんなに簡単に出来るものではありません。しかしなぜ不動産会社各社が、無料で査定を行えるのかというと、査定の目的が「売れるであろう適正価格を算出すること」ではなく、「売却を予定・検討している売り手とコンタクトを持つこと」なのです。

つまり「あなたの不動産を査定します」という謳い文句にした集客活動なのです。では実際の「無料査定」ではどんなことが行われているのでしょうか?次ページで解説していきます。