不動産査定・土地査定

不動産の無料査定を依頼する際の心構え(2ページ目)

不動産の売却を検討した時、一番最初に行うことはなにかというと、物件の査定をしてもらいいくら位で売れるのかを把握することから始めます。その際、当たり前のように利用するのが、不動産会社各社が積極的に行っている「無料査定」になるかと思います。しかし実際は、本来の意味での査定になっていないことが多いのが現状です。

楯岡 悟朗

執筆者:楯岡 悟朗

土地活用・不動産査定ガイド


無料査定で行っていること

まずは売り手の売却理由を聞いたうえで、売り手が希望する額を聞き出すことに注力します。そしてその希望金額を聞き出すことが出来れば、「まずは希望の額で販売に出してみたらどうでしょう」と伝えるのです。

不動産売却は成約に至らない限り費用は掛かりません。販売を止めようと思えばいつでもストップできますし、ペナルティもありません。そして万が一希望の額で売れれば売り手にとっては万々歳です。

また、しばらく希望の額で販売に出していたけれど、一向に売れる気配がない。自分の希望した金額は高いようだと理解し、金額を相場程度に見直し、販売に本腰を入れる、ということになるのもよくあります。成約に至るための一つのプロセスであり間違ってはいません。

査定をしていない現実

査定というのは、この不動産がいくらくらいで売れるのかを文字通り査定することです。売り手が希望する売却価格を聞き出し、売却の委任を取り付ける(媒介契約を結ぶ)ことではありません。

媒介契約取得がそもそもの目的になると、査定する物件の資料も用意せずに査定訪問する不動産会社もあります。これはつまり「売り手が希望する額を聞き出し、媒介契約取得が目的である」からこそ出来ることで、なんの準備もなく査定に伺えるはずありません。

費用がかかっても。純粋な「査定」の活用

satei02

正確な査定価格を知っておくことは、今後のライフプランを考えるうえでも有意義です

今は媒介契約取得が目的ではない、純粋な査定を行う不動産会社も存在します。

媒介契約取得が目的ではないため、売り手が満足する希望額を探るようなことはしません。単純で純粋な、その物件の査定価格を聞くことができます。

「査定」という行為が業務になるので、その業務遂行に忠実です。そうして出された査定金額は、高く売りたいと願う売り手にとっては面白くない価格かも知れません。

しかし、それが本来の意味での査定になります。正確な査定価格を知っておくことは、今後のライフプランに大いに関係することですし、不動産会社の媒介契約取得が目的の査定価格に惑わされることもなくなります。そうしたことを踏まえて考えると、決して無駄にはならないのではないでしょうか。
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます