日本橋の天丼行列店「金子半之助」にチャレンジ

このところ日本橋界隈を散歩する機会が多かったのだが、いつでも長い行列のあるお店があった。ネットで調べたら、天丼のお店「金子半之助」で、とにかく行列が絶えないのだそうだ。こういうのを見ると、どうしても並んでみたくなる。

日曜日のお昼、50人ほどの行列ができていた。

江戸前天丼のお店「金子半之助」 東京都中央区日本橋室町1-11-15


やってきたのは、日曜日のお昼。行列ができるお店の多くは、日曜日が休みと言うところが多いけれど、ここは日曜日もやっているのがうれしい。とはいえ、ネット情報では日曜日のほうが行列は長いようだ。というわけで、行列の一番後ろへ。スマホの時計は12時47分。ざっと数えたけれど、約50人の人が並んでいた。こういう行列に並ぶには準備が必要だ。今回は単行本を一冊もってきた。そして、防寒対策もばっちり。

メニュー

メニューは「江戸前天丼」のみ。※現在は950円(税込)


ここ、「金子半之助」さんの行列は、店を取り囲むようなかんじでできている。並び始めると、天ぷらを揚げているところをガラス窓越しに見ることができる。こういうのを見ているだけでも楽しい。その先にメニューがある。このあたりまでくると、お店の方が出てきて、注文を聞く。

注文といっても、江戸前天丼(950円・税込)しかメニューにはないので、あとは味噌汁(120円・税込)をつけるかどうかを聞かれるだけだ。冷え切った体にやはり味噌汁がほしい。頼まないつもりだったが、お願いした。そして、ご飯の量を聞かれる。大盛りだと100円増しのようだ。普通にしてもらう。前のご婦人が穴子抜きにしてもらっていた。これはキスに変えてくれるようだ。後ろのご婦人は、ご飯少な目をお願いしていた。