常盤橋を越えると渋沢栄一がいた

外堀通りまで歩くと、常盤橋というなんとも歴史を感じる橋に遭遇する。ここで日本橋川を渡る。

歴史のある橋で味がある

千代田区大手町と中央区日本橋本石町との間の日本橋川にかかる橋


常磐橋を渡ったところに常盤橋公園があって、そこに渋沢栄一の銅像がある。

日本の資本主義の父ともいわれている

幕末から大正時代まで活躍した経済人


銅像というとたいていそうだけれど、とても高い位置にあるなぁと見上げながら、大手町方向へ向かう。

とにかく大きい。作家はロシア系アメリカ人のアレクサンダー・リーバーマン

東京サンケイビル前にある鉄のオブジェ「イリアッド・ジャパン」


ここは地下鉄の入り口もあって、ここから地下鉄に乗ってもいいのだが、さらにまっすぐ、皇居方向へ歩く。

都内有数のパワースポットのひとつ。

平将門塚 千代田区大手町1-2-1


平将門塚が見えてきた。平安時代、朝廷へ反逆したということで、下総で追討され、その首は京都でさらされた。その首をもらいうけ、この地に埋葬したといわれている。都内有数のパワースポットだ。散歩などでここの前を通ることはけっこうあるのだけれど、素通りはせず、お参りするようにしている。結局は、内堀通りに出て、竹橋駅、九段下駅を通り過ぎ、飯田橋駅まで歩いた。それでもまだお腹は重い。ふーッ。

【関連サイト】
金子半之助 - 三越前/天丼・天重 [食べログ]

【関連記事】
志賀直哉の短編小説『小僧の神様』の舞台を歩く [散歩] All About
落語「百川」の舞台、日本橋界隈を歩いてみた [散歩] All About


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。