いま大注目の「希少糖」とは!?

メープルパンケーキ

メープルシロップやカステラなど日常的に食べているものにも、希少糖は含まれている


2013年末から2014年にかけてあちこちで耳にする機会が増え、いま話題の食材として熱い視線を浴びているのが「希少糖(レアシュガー)」です。希少糖とは、その名の通り、自然界に微量しか存在しない希少な糖類のこと。ガムなどに使われているキシリトールや、エリスリトール、D-プシコースなど現在までに約50種類が確認されています。

希少糖は、香川大学が中心となり、企業や大学、国や香川県などの協力を得て、十数年間にわたって研究開発が行われてきました。その結果、近年になってようやく希少糖を生産する酵素系が発見され、大量生産が可能になったことで様々な場面で使われるようになってきたのです。

さまざまな健康効果にも期待大!

ケーキを食べる女性

甘いスイーツを食べたいけれどカロリーが気になる人には嬉しい素材!

希少糖の中でも、近年注目されているのがD-プシコース。以下のような特徴があると言われています。

・キレのいい自然な甘みがある(砂糖の70%程度)
・カロリーがゼロ
・日常の食事にも含まれている
・安全な糖である


しっかりとした甘みがありながらもカロリーはゼロなので、ダイエット食品などへの展開が期待されています。さらに、食後の血糖値の上昇や内臓脂肪の蓄積の抑制効果、虫歯になりにくいなどの健康効果が期待できるという研究結果も出ており、医薬品に応用されるなど新しい機能性食材として様々な方面から注目を集めています。

コンビニも、そんな希少糖に目を付けた企業の一つ。とくにスイーツ分野での商品化を推進しており、2013年~2014年にかけて各コンビニから様々な商品が登場しています。

次ページからは、コンビニの希少糖アイテムをチェック!