カメラと写真映像の情報発信イベント、CP+(シーピープラス)2014が開催されました。毎年カメラなどの最新機種が発表されるイベントでの主だった機種のレポートです。今回目玉となっている機種をご紹介します。

CP+は国内最大のカメライベントショー


CP+14

CP+のメーカーブースのコンパニオン。最新機種を持ってポーズ。


毎年2月に横浜パシフィコにて開催される、CP+。2014年2月13日から16日まで開催。今回は約7万人の人出を見込む、国内最大のカメライベントショーです。

各メーカーブースでは、現行機種の展示が行われ、タッチアンドトライコーナーではいち早く最新機種を手に取ることができます。また、様々な写真撮影や動画撮影などに関するイベントも行われ、単に機種を紹介するだけでなく広く写真と映像に関する情報発信をしているショーです。

今回の話題となっている機種や関連機材等を取材してきましたので、写真でピックアップし紹介していきます。

CP+公式サイト 

キヤノン PowerShot G1 X Mark II

cp+14

大型センサーを新たに搭載したPowerShotの新機種。レンズの明るさはF2.0-F3.9。高画質の撮影に応えるスペック。タッチパネルの液晶画面は上側が180度可動。




ソニー α6000

cp+14

11コマ/秒の高速連写。また有機ELファインダーがあり、的確な連写撮影が行える。最大約2430万画素のセンサーで高画質撮影を可能に。


フジフイルム X-T1

cp+14

倍率0.77倍で236万ドットの有機ELピューファインダー搭載。防塵防滴設計のボディでフィールドでの撮影がしやすくなっている。


次のページで引き続き新機種のラインナップをご覧ください!