全国から生徒が集まる愛光中学校

愛媛の松山にある愛光学園。松山総合公園や松山城を臨むことができる

愛媛の松山にある愛光学園。背後には松山総合公園を臨むことができる

愛媛の松山にある愛光学園は、カトリックの聖ドミニコ修道会を母体とするミッションスクール。愛(Amor)によって磨かれた徳性と、光(Lumen)あふれる知性が聖ドミニコの象徴で、「愛光」の校名の由来はここにあります。”われらの信条”を建学の理念とし、世界に貢献できる教養人「世界的教養人」と、深い知性と高い徳性を持った「愛と光の使徒」、そのような人間の育成を目指しています。

愛光学園は1953年に男子校として創立され、2002年に男女共学校になっています。現在では聖トマス寮など寮設備が完備しており、全国から生徒を受け入れ中。寮生の数は488名(2009年)で、四国の103名を始め、九州・沖縄93名、中国89名、関西66名、中部77名、関東以北60名と全国各地から生徒が集まっていることがよくわかります。

県下一の大学合格実績(2010年)

東京大学23名の合格実績は県下一の数字。ほか、京都大学10名、大阪大学13名、九州大学7名、神戸大学7名、愛媛大学19名、広島大学12名、山口大学5名など。私立大学は、慶應義塾大学43名をはじめ、立命館大学39名、早稲田大学38名、同志社大学24名など。広く、全国の難関国立大学に合格者を出しているのが特徴です。

塾や予備校に頼らない中高一貫システム 

愛光学園は愛媛松山にあり、都会のような大手予備校や塾はありません。しかし、ダブルスクールに頼らないことを前提にした学習指導を行っているので問題はありません。

英・数・国の3教科の授業時間は週17時間以上で、定期テスト以外にもテストを実施するなど、この3教科に特に力を入れているのが特徴。毎週水・木曜日の7限目には、英・数の補習が行われ、理解できなかったところをここで補っています。