ベルリン生まれの人気靴ブランド「Trippen」

trippen1

独創的なデザインと履きやすさで人気のトリッペン。旗艦店はハッケシャーホーフにあります

日本をはじめ世界中にファンの多い靴ブランド「トリッペン」は、ドイツのベルリン生まれ。1992年、靴職人で医療用矯正靴の製作にも携わっていたミヒャエル・エーラーさんと、デザイナーのアンゲラ・シュピースさんがベルリンの小さなギャラリーで発表した木靴のコレクションからスタートしました。デザイン性はもとより、人間工学に基づいて一つ一つ手作りされる靴は履き心地が抜群です。

おしゃれなだけじゃない、特別な靴

trippen2

職人さんたちの手でひとつひとつ手作りされるトリッペンの靴。人間工学に基づいたデザインで履き心地抜群

「生産者は環境、消費者、労働者、すべてに責任を持つべきである」という理念を掲げるトリッペン。現在の靴業界は、多くの生産者がコスト削減で海外に生産拠点を移したため、伝統ある靴製造業者が廃業に追い込まれ、ヨーロッパの靴製造業界自体が消滅しかねない状況にあります。そのような環境のなか、トリッペンは自社工場とイタリアの限られた工房のみで、ひとつひとつ手作りの靴作りを続けています。

トリッペンの靴は多くのデザイン賞を受賞するほど高い評価を受けていますが、デザインが独創的なだけでなく、人間工学に基づいて作られているので何より履き心地が抜群。大量生産ではできない、特別な一足なのです。

履けば履くほど味がでる、一生モノの相棒を探しに

trippen3

末永く大切に履きたいトリッペン。コレクションが勢揃いするショップで、一生モノの靴を選ぼう

trippen4

メンズコレクションも充実

トリッペンの靴はデザインが独創的なだけでなく、人体のつくりや体の動きに合うように作られています。例えば、ソールは足の形にそった自然なフォームで、柔軟性と衝撃吸収を最大限確保できるように形成され、中敷きはコルク製で体を支えるように解剖学的に形成されています。

ガイド自身もトリッペンの靴を愛用していまして、おそらく人よりたくさん歩くほうだと思うのですが、長時間履いても本当に疲れないのを実感しています。皮が柔らかく、履けば履くほど味がでてくるのもお気に入り。たくさんの人たちの手で丁寧に作られたことを思えば、値が張るのも頷けます。それでも日本での購入価格よりは3~4割はお得。長く履いて傷んだ時も修理していただけるとのことなので、末永く相棒でいてくれることでしょう。

ベルリンにはトリッペンのショップがいくつかありますが、フラッグシップストアがあるのはハッケシャーホーフのホーフ4。石造りの教会をイメージしたという店内に、コレクションが美しく並び、サイズも豊富に揃っています。スタッフも親切揃いなので、気兼ねなく、ゆっくりじっくり選ぶことができますよ。

こちらの記事も参考にどうぞ>>>ベルリンの人気観光スポット ハッケシャー・ホーフ

<DATA>
Trippen Flagship Store
住所:Hackesche Höfe,Hof4&6 RosenthalerStr.40/41 10178
TEL:030- 283 913 37
営業時間:月~金11:00~20:00 土10:00~20:00
アクセス:Hackesher Markt 駅または Weinmeister駅から徒歩2分
予算:150ユーロくらいから
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。