ベルリン生まれの人気者グッズが揃う「アンペルマンショップ」

ampelmann1

国民的人気のキャラクター、アンペルマングッズのすべてが揃う、ベルリン・ミッテのギャラリーショップ

ベルリンのお土産として、絶大な人気を誇るのがアンペルマングッズ。旧東ドイツの信号機のマークだったアンペルマンは、今やドイツ国内のみならず、世界中で愛される人気キャラクターです。ハッケシャー・ホーフ内にあるショップには、ファッションから文房具、キッチン用品にお菓子まで、ユニークなキャラクターグッズが勢揃い。彼の波乱万丈な生い立ちとともに、ベルリンのショップをご紹介しましょう。

アンペルマンの生い立ちとは?

ampelmann2

旧東ドイツの信号機マークだったアンペルマン。消滅の危機を乗り越えて、現在は西側でも見られるようになった

アンペルマンの誕生日は、1961年10月13日(平和を愛する天秤座)。アンペルはドイツ語で信号機の意味。当時増え続けていた交通事故から人々を守るために、旧東ドイツの交通心理学者、カール・ペグラウによってデザインされました。頭でっかちでちょっぴり太っちょな体型のアンペルマンは、親しみやすいだけでなく、痩せ型の信号機マークよりも光る面積が大きいため目立ちやすく、交通安全に大活躍しました。

ところが1990年にドイツが再統一されると、旧東ドイツの文化がだんだん消えていくのと同時に、信号機も西側のデザインに変わっていきました。このままだったら、アンペルマンは消えてしまう運命だったかもしれません……が、1996年にデザイナーのマルコス・ヘックハウゼンが撤去された信号機を使ってライトを作ったところ、大きな反響があり、ベルリン市民を中心に「アンペルマンを救え!」運動が起きました。そして1997年、アンペルマンはめでたく信号機マークとして復活することができたのです。

1999年、復活のきっかけをつくったヘックハウゼン氏(現アンペルマン社代表)がアンペルマン・コレクションを発表。その後キャラクターグッズが次々と誕生し、いまやドイツ国内のみならず、世界中で愛される人気者となりました。

欲しいものがいっぱい!アンペルマンショップ

ampelmann3

ハッケシャ―ホーフのホーフ5にあるショップにはありとあらゆるグッズがぎっしり!

ampelmann4

お菓子もあります!

ベルリン市内には数店舗のアンペルマンショップがありますが、なかでもミッテ地区の観光スポット、ハッケシャー・ホーフ内にあるショップは、世界中からやってくる観光客でいつも大賑わい。サイズもデザインも豊富なTシャツやトレーナー、ショルダーバッグにエコバッグ、文房具にインテリア、キッチン用品、赤ちゃん用品、グミ、サッカーボール、マウスパッドに携帯電話カバー……ありとあらゆる商品が揃っていて、その全部にチャーミングなアンペルマンがついているんだからファンにはたまりません! キャラクターグッズといえども、かわいいだけじゃないグッドデザインで、実用性もばっちり。キャラクターものは苦手という人も、ここへ行ったらきっと欲しいものが見つかると思いますよ。

こちらの記事も参考にどうぞ>>>ベルリンの人気観光スポット ハッケシャー・ホーフ

※日本のアンペルマンファンに朗報!
2013年、日本で初の路面店が東京・渋谷にオープンしました。ホームページでもお買い物ができます。
>>>アンペルマン日本公式サイト

<DATA>
Ampelmann Galarie Shop
住所:Hackesche Höfe,Hof5 10178 Berlin
TEL:030-44726438
営業時間:月~土9:30~2200土10:00~19:00
アクセス:Hackescher Markt駅から徒歩2分
予算:グミ 2.5ユーロ エコバッグ6.9ユーロなど
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。