ビジネスマン

ビジネスマン

グーグルが提供しているブラウザ「Google Chrome」(以下、Chromeと表記)に限らず、IEやFirefoxなどのブラウザには、キャッシュ(一時ファイル)という機能が存在します。これは、ブラウザの表示速度を高速にするのに役立ちます。ここでは、Chromeのキャッシュ(一時ファイル)を削除する方法をご紹介します。

キャッシュとは

キャッシュとは、使用頻度の高いデータを高速な記憶装置に蓄えておくことにより、低速な装置から読み出す無駄を省いてWebページの表示を高速化することです。分かりやすい例で例えると、使用頻度の高い資料を机の上に置いて、使用頻度が低い資料をキャビネットにしまうという感じです。こうすることにより、すぐに必要な資料を確認することができます。

キャッシュが貯まると、どうなるの?

キャッシュのメリットとして、「Webページの表示が高速化」するというメリットがあります。デメリットとしては、2点あります。
  1. キャッシュが溜まりすぎてブラウザの動作が遅くなってしまうケースがある。
  2. よく利用するページが変更された場合、保管されている古いページが表示されてしまうケースがある。
キャッシュのメリットとデメリットは、上記の通りとなっております。ただし、ほとんどの場合、デメリットは気にならないと考えて問題ありません。

ブラウザのキャッシュを削除する方法

  1. ブラウザツールバーの右端の三本矢印をクリックします。
  2. 「ツール」をクリックします。
  3. 「閲覧履歴を消去」をクリックします。
  4. 「閲覧履歴」と「キャッシュ」を選択します。
上記の方法でChromeに保管されているキャッシュを削除することができます。※Webサイトごとに記憶させているパスワードなどの情報や過去の閲覧履歴も削除されますので、ご注意ください。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はChromeのキャッシュを削除する方法をご紹介しました。

本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら「はてブ」「Twitter」「Facebook」のボタンをクリックして多くの皆様にこの記事をシェアして頂けると励みになります!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。