『わたしのおひなさま』― 不思議な物語のはじまりは、流しびなから

『わたしのおひなさま』は、おばあちゃんが、お母さんの折ってくれたおひなさまで主人公のももちゃんの体をさすってくれるところから始まります。

「このこがじょうぶになりますように。
ひとりでおんもにでられますように」

流しびなは、紙や藁で作った人形などで体をなで、それらを川に流すことで穢れを祓い、健やかな成長を祈るというひな祭りの元になった行事。この流しびなと平安時代以降宮中で行われた人形遊び「ひいな遊び」とが結びついて、現在のようなひな祭りになったと言われています。もちろん、今でも流しびなの風習が残る地域もあります。

さて、そんな願いのこもったももちゃんの流しびなですが、なんと、川の底からすーっと伸びてきた手に持っていかれてしまうのです。

急展開! かっぱの流しびな

ももちゃんのおひなさまを持っていってしまったのは、かっぱのお父さんでした。病気の娘・かなこちゃんを救うため、おひなさまが必要だったのです。

ぜいぜい息をするかなこちゃんを、おひなさまでさすり続けるお父さん。願いをこめたおひなさまが流れていくのを頭を垂れて見送るお母さんや川のみんな。おひなさまにどれだけの思いがこめられているかが伝わってきます。

水中で流しびなというのは不思議なもので、「よく息ができるねえ」とか「川の中に川があるの?」とか、子どもたちからのツッコミも多くありますが、そこは山本孝さんの力強い絵の力や物語の持つ勢いで、グングン読みすすめることができます。

かっぱからのお礼、3色の石の秘密は……

あられ写真

菱餅よりも食べる機会が多いあられ。同じように、おめでたい3色は欠かせません。

さて、かなこちゃんの病気は無事治り、ももちゃんが川から帰るときがやってきました。ももちゃんがかなこちゃんからお礼にともらったのは、3つの小石。それらは菱餅と同じ、白と緑と桃色をしていました。

それぞれ雪・蓬(新緑)・桃の花をイメージしており、流しびなと同じように「身の穢れを祓う」という意味が込められています。かなこちゃんは、流しびなを貸してくれたももちゃんの健康をお祈りしてくれたのですね。

ひな祭り、子どもの成長を喜ぼう!

無我夢中で自分のおひなさまを取り返そうとかっぱを追っていったのに、最後にはかなこちゃんの病気が治るよう祈りながら、おひなさまが流れていくのを見送ったももちゃん。そこには、ももちゃんの心の大きな成長が見られます。そしてその結果、ももちゃんは一人で外に出ることができるようになりました。

ももちゃんを成長させたのは、かっぱのお父さんやお母さんの娘を心配する気持ちに触れたことや、そのことによりももちゃん自身がかなこちゃんの健康を祈る気持ちを持てたことだと言えるでしょう。

お子さんは、この1年いかがでしたか? 毎日一緒にいると気付きにくいかもしれませんが、子どもは着々と大きくなっていきます。この1年でできるようになったこと、分かるようになったことも、きっとたくさんありますよね。

赤ちゃん写真

お子さんが無事に成長したことを喜びましょう!

ひな祭りは、お子さんの健康や成長を願う行事。『わたしのおひなさま』を読みながら、ひな祭りについて話すだけではなく、お子さんのこの1年の成長を振り返ってみてはいかがでしょうか。子どもにとって親からの愛情は、大きな大きなエネルギーとなります。それは、子どもが親を大好きだから。自分の成長を喜んでくれる両親の気持ちを胸に蓄えて、更に大きく育っていってくれるはず!


 
内田麟太郎さんの行事えほんシリーズは、2015年2月現在12タイトルの絵本が刊行されています。表紙の落ち着いた印象からは想像できない、インパクトのあるお話ばかり。いろいろな行事のお供にぜひどうぞ。

内田麟太郎公式サイト
言葉の魔術師、内田麟太郎さん。楽しい自己紹介にもご注目ください!

よつばやホームページ
山本孝さんと青山友美さんご夫婦のHP。イラストや絵本などのお仕事だけでなく、子育てのお話もご覧になれます。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で図鑑を見る

Amazonで図鑑を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。